社会人の髭はアウト?会社で注意されない濃さとデザイン

髭が濃い人は毎朝の髭剃りに時間がかかります。綺麗に髭を剃っても夕方辺りになると青髭が目立ってきて、不潔に見られてしまうこともあるでしょう。 髭が濃いなら無理に剃らずにおしゃれに髭を生やしたいところですが、社会人だと髭は剃るべきという意見の人も多いです。では、髭が濃い人はどうすればいいのか見ていきましょう。

この記事は約5分で読み終わります。

社会人として髭は許される?マナーと印象の問題

髭を剃るのは社会人のマナー?

社会人なら髭を剃るのがマナーだと考えている人は多いでしょう。街を行き交うスーツ姿のサラリーマンを見ると、髭を生やしている人はあまり見当たりません。

髭を生やしていると、不潔に見られてしまったり、だらしなく見られてしまったりすることが多いです。清涼感がなく、あまり良い印象を与えないでしょう。

しかし、社会人で髭を生やしているという人も少ないながらですがいます。一般的には、社会人なら髭を剃るのがマナーですが、勤めている会社や業界によっても認識の違いが大きいです。

また髭が濃い人の場合には、髭を剃って少し時間が経つと青髭になってしまうことがあります。青髭は、髭を生やしているのと同様にあまり印象が良くありません。

不潔に見られてしまうこともあります。髭が濃い人の場合には、剃っても剃らなくても清涼感を出すことができず、困ってしまうでしょう。

青髭に対してあまり良く思っていない女性も一定数います。青髭が目立つせいで、相手に対して不快な思いをさせてしまうこともあるかもしれません。

髭を生やしているのは仕事で不利になる?

就業規則で髭や服装などに関する規定を設けている会社も少なくありません。髭を生やしていることに対して上司が就業規則を理由に注意することもよくあります。注意されても髭を剃らない場合には減給などの処分を受けてしまう可能性もあるため注意が必要です。

ただ、髭を生やしているだけで減給はやりすぎとの最高裁判例も複数あります。業務に特に支障がない限り、減給は認められません。手当などをカットされた場合も、裁判で争えば支給を命じられる可能性があります。

髭を注意されたことで被った精神的苦痛に対する慰謝料請求が認められた判例もあるくらいです。どうしても髭を生やしたい人は、裁判で争えば勝てる可能性が高いといえるでしょう。

しかし、実際問題として社会人が髭を生やして仕事をするのはあまり望ましいとはいえません。髭を生やしていることで、顧客からのイメージにも影響してくるでしょう。

一緒に働いている同僚も気になってしまいます。たとえ裁判で勝ったとしても、職場に居づらくなってしまうため髭は生やさないのが無難でしょう。

また勤務先が飲食店などの場合には、髭を生やしていることで利用客に不快な思いをさせてしまうことがあります。業務に支障が出る可能性も高く、髭を生やすのは極力自粛すべきでしょう。

目次へ

社会人らしい髭のデザインとは

無精髭はNG!部分脱毛で清潔感のある顔に

社会人が髭を生やすのが望ましくないとされているのは、髭があることで仕事に影響を与えてしまうためです。逆にいえば、仕事に影響がなければ髭を生やしても問題ないということになります。職種や業種によっては、髭が許容されるところもあるでしょう。

ただし、その場合も無精髭は避けた方が無難です。髭がOKの職場でも、髭を生やすときには、きちんと手入れをして清涼感を出さなければなりません。手入れされた髭であれば、無精髭と違って相手に不快感を与えないことが多いです。

無精髭だと、顧客からクレームが来てしまう可能性もあります。女性からのイメージも悪くモテません。

髭を生やしたい場合には、デザイン脱毛をするといいでしょう。髭の一部分だけを脱毛して形を整えます。例えば顎髭のみを残して口髭などは脱毛でなくしてしまうというような具合です。毎朝髭を整えるのは時間がかかりますが、デザイン脱毛なら手間がかかりません。

メンズ脱毛サロン「CHANGE」では髭のデザイン脱毛ができます。髭を生やして仕事をしたい人はご検討ください。光の照射が安定しており、細かな調整も可能です。LINE@で最新情報をチェックしましょう。

日本人男性は髭の完全脱毛も不自然にならない

髭に対する認識は国によって差があります。欧米諸国では、髭を剃るのがマナーという考えはあまりありません。髭を生やして仕事をしている男性も多いです。髭をファッションとして捉えている国もあれば、あってもなくてもいいという風潮の国もあります。

一方で日本と同じように髭を剃ることを習慣としている国もあり、そのような国では髭を生やして仕事に行くのはマナー違反になってしまいます。

また、日本人の多くは欧米人と比べて童顔です。そのため髭があまり似合いません。特に日本人女性は童顔男性が髭を生やすことに対して厳しい傾向にあります。童顔で髭が濃いのであれば、思い切って髭を脱毛してしまうのもありでしょう。

童顔なら髭がなくても不自然になることはほぼありません。むしろ爽やかで自然に見えるでしょう。仕事で、男性が髭を生やすのが当たり前という風潮の国に行くようなこともない限り、髭を脱毛しても困ることはありません。
 

↓「CHANGE」公式LINE@はコチラ

↓「CHANGE」公式Instagramはコチラ

https://www.instagram.com/mens_change/

目次へ

まとめ

日本では髭を剃るのが社会人のマナーという風潮が強く、社会人が髭を生やしていると何かと都合が悪いことが多いでしょう。一方で髭をきちんと剃っても、髭が濃いと青髭になってしまうのが悩ましいところです。

そのため、髭脱毛を検討してみるのがいいでしょう。髭を完全になくすだけでなく、デザイン脱毛もできます。