ヒゲ脱毛は市販のアイテムでも満足できる?

顔の口周りや顎、頬、輪郭などに生える「ヒゲ」は、そのまま放置すると顔が汚く見えますし、頻繁に処理するのは面倒です。そんな悩みを解消できる市販のヒゲ脱毛アイテムがあります。効果やメリット、使用上の注意点などを紹介しましょう。

この記事は約6分で読み終わります。

市販の脱毛クリーム使ってヒゲを脱毛

脱毛クリームの仕組みと使い方

市販されている脱毛用のアイテムといえばカミソリや毛抜き、ワックスなどがお馴染みですが、最近はクリームも注目を集めています。肌に塗り数分放置してから取り除くとムダ毛がごっそり取り除かれるものです。カミソリのように刃物を使ったり、毛抜きのように根本から引っ張ったりしないので出血するリスクはありません。

取り除けるのは表面に出ている毛だけですから、毛抜きやワックスよりは早く生えてきます。ただし毛穴の深くまでクリームが浸透するためカミソリよりは長持ちです。また使用後の毛先は丸く、カミソリのようにチクチクしたり青ヒゲになって目立ったりするのを抑えられます。永久的な脱毛効果は無いので一般的には「脱毛クリーム」と呼ばれています。

こうしたクリームの多くには「チオグリコール酸カルシウム」という成分が配合されており、強いアルカリ性でタンパク質の一種「ケラチン」を分解する働きがあります。類似成分の「チオグリコール酸アンモニア」はパーマ液に使われる成分です。同じく髪の毛のケラチンに作用してチリチリにしたり、ウェーブをつけたりします。

ただし「ケラチン」は皮膚にも含まれる成分ですから、脱毛クリームを使うとムダ毛だけでなく皮膚も分解されてしまいます。分解された皮膚はバリア機能が衰えてダメージを受けやすくなり、赤みを帯びたりヒリヒリした痛みが残ったりします。肌質によってはただれて跡が残るかもしれません。必ず使用前にはパッチテストを行い、使用後は十分に保湿して皮膚を保護します。

当然、脱毛クリームのメーカーはヒゲへの使用を推奨していません。顔は体の中でも特に皮膚が薄い部位だからです。誤って目や鼻、口の中に入る恐れもあります。どうしてもヒゲ脱毛に使いたいのであれば何があっても自己責任になることを承知しましょう。効果には個人差があり、ヒゲが硬くて太いと残ってしまう可能性があります。その場合は他の方法で処理しなければならず、肌にとっては二重のダメージです。

万が一、違和感があったり異常が見られたりした場合は、すぐに使用を中止して医師に診てもらったほうが良さそうです。同じ脱毛クリームでも保湿成分や美容成分も配合した肌に優しいタイプを選ぶと多少は皮膚への刺激を抑えられます。

ヒゲに脱毛クリームを使うときは、まず顔を洗い清潔な状態にして十分に水気を拭き取ります。その上で盛る要領でクリームをヒゲにたっぷりと塗ります。メーカーが推奨する時間(5~10分ほど)放置したら、ぬるま湯で洗い流すか柔らかい布で優しく拭き取って完了です。

目次に戻る

抑毛クリームでヒゲの脱毛ができる?

脱毛効果があるクリームにはもう1種類「抑毛クリーム(ローション)」があります。その名のとおりムダ毛が生えるのを抑える効果があるクリームです。女性ホルモンと同じ働きをする「大豆イソフラボン」や「ザクロエキス」、タンパク質を溶かす「パイナップル酵素」などを配合してムダ毛が生えるのを妨げます。

抑毛クリームは、洗って清潔になった状態や他の方法で自己処理した後に適量を塗るものです。有効成分を浸透しやすくするために化粧水よりも先に使います。もちろん刺激の少ない顔用でなければいけません。さらに「ヒゲに効果がある」と明記されているものが望ましいでしょう。

即効性はなく、早ければ使用してから1週間くらいでヒゲが薄くなってきたり、細くなってきたり、量が減ったりするのを実感できます。ただし効果を長持ちさせるには抑毛クリームを使い続けなければいけません。止めてしまうとすぐに元通りです。長期間使ってもまったく効果が出ない人もいます。

目次に戻る

手軽に使える市販のヒゲ脱毛のメリットとデメリット

クリームやカミソリ、毛抜き、家庭用脱毛機器など、市販のアイテムを使ってヒゲ脱毛するのは多くのメリットがあります。

まずはサロンやクリニックまで通う必要がありません。いつでも都合の良いときに自分のペースで脱毛できます。わざわざ予約を取らなくてもいいのは、仕事で忙しい人には大助かりでしょう。他の誰かと顔を合わせる心配もありません。

また、どの方法にしてもサロンやクリニックで脱毛するより安価です。すべての部位のヒゲを脱毛するには1回あたり安くても1万円台、高いところは10万円以上します。平均的な相場は5万円くらいです。ツルツルになるまで脱毛するには10回前後通わなければいけません。

それに比べると毛抜きは100円ショップでも購入できますし、カミソリの替刃は1個辺り300~500円で1ヶ月ほど使えます。脱毛クリームと抑毛クリームは1,000~7,000円くらいで販売されており、抑毛クリームは1本の目安が1ヶ月分です。家庭用脱毛器でも7万円台で満足度の高いものを購入できるでしょう。

一方、いずれの方法も肌を痛めやすいというデメリットがあります。サロンやクリニックでも肌は痛みますが、市販の脱毛アイテムは毎日から1週間くらいの短いサイクルで使用するためダメージが蓄積します。スキンケアも自己流では手薄になりがちです。その割に効果は個人差があって必ずしも期待できるものではありません。

目次に戻る

ヒゲ脱毛するなら市販のアイテムよりサロンやクリニックへ

何よりも市販のアイテムを使ったヒゲ脱毛はいずれも一時的なもので、数日経てば元通りになってしまいます。たとえ効果が出たとしても剃り残しや塗り漏れなどムラができやすいものです。クリームや家庭用脱毛器など体質に合わず使用前よりヒゲが濃く見える場合もあります。そうなると結局サロンやクリニックで処理しなければいけません。

コストパフォーマンスも市販のアイテムは1回あたりの費用こそ優れていますが、長い目で見るとサロンやクリニックを上回る可能性があります。毎日の手入れから解放されて、肌質も改善されると考えれば、サロンやクリニックのヒゲ脱毛は費用以上の効果を得られるはずです。しかも脱毛効果は数日ではなく長期にわたって持続します。ヒゲで悩んでいるなら最初からサロンやクリニックに通って解消しましょう。

目次に戻る

まとめ

ヒゲ脱毛できる市販のアイテムは手軽で1個あたりの価格が安く、それなりの効果を実感できるのがメリットです。クリームで脱毛や抑毛する方法もあります。ただし、どの方法も肌を傷めるリスクがあり、効果も長持ちしません。サロンやクリニックで脱毛すれば一時的にお金がかかり通う手間もありますが、満足度が高く毎日の自己処理から解放されるでしょう。