未成年でもヒゲ脱毛が可能?でも注意すべきことがある

未成年の人でもヒゲや体毛が濃くてヒゲ脱毛に興味を持っている人はいるでしょう。濃い毛を脱毛すれば、コンプレックスもなくなります。では、未成年は脱毛の施術を受けられるのか、大人が受ける場合との違いは何なのか解説していきます。

この記事は約5分で読み終わります。

未成年でもヒゲ脱毛を受けることは可能か?

男子の場合には小学校の3、4年あたりから中学1年くらいの時期にかけて第二次性徴期の発現が始まります。大人のようなしっかりしたヒゲでなくても、細かな産毛が口の周りやあごなどに生えてくるでしょう。

中学生くらいの男子でも大人と大きく変わらないくらいのしっかりしたヒゲが生える人もいます。高校生くらいになると、程度の差はあっても男子ならほとんどの人にヒゲやワキ毛などの発毛が見られるでしょう。

未成年で濃い体毛に悩んでいる人の中には、ヒゲ脱毛に興味を持ち始める人もいます。成人していないと施術を受けられないと思い込んでいる人も多いかもしれません。

脱毛の施術は肌トラブルのリスクを伴うため、一定の年齢制限を設けている脱毛サロンも多いです。しかし、ほとんどのメンズ脱毛サロンでは、ヒゲが生えてくるくらいの年齢なら未成年であっても施術を受けられます。年齢制限があっても16歳以上や中学生以上のところが多いです。

未成年の人を断っているメンズ脱毛サロンはあまりありません。ただし、未成年の場合には親権者の同意を求められることがほとんどです。

親権者の同意が必要になるのは、法律が関係しているためです。脱毛の施術を受ける際には、契約を交わすでしょう。契約により脱毛サロン側は施術を行う義務が発生し、利用者側には料金の支払い義務が発生します。契約があるからこそ、途中で一方的にやめることができないわけです。

未成年の場合には民法上、単独で有効な契約を締結できません。20歳になっていなければ、大学生でも同様です。未成年者が交わした契約は、親権者の同意があって初めて契約が有効に成立します。親権者が同意していない状態だと、いつでも契約を取り消せるため、脱毛サロン側は不安定な状態に置かれるでしょう。完全な形の契約にするため、脱毛サロンでは親権者の同意を求めています。

同意の取り方は脱毛サロンによって異なりますが、書面で残すために同意書を書いてもらうところが多いです。同意書の用紙を脱毛希望の未成年者本人に渡して、初回の施術のときまでに書いてもらって持参します。

紙の同意者だけだと、自分で書いて来る人もいるかもしれません。不正防止のため、同意書に加えて親権者に電話確認を行っているところも多いです。中には最初の施術時に親権者の同伴を求めているところもあります。

メンズ脱毛サロンの場合には、女性は建物の中に入れないところが多いです。そのため、親権者に同伴してもらう必要があるときには、なるべく父親に来てもらいましょう。

目次へ

未成年だからこそ悩むヒゲの悩み

未成年の人でヒゲ脱毛をしたいと思っている人が、親に相談して反対されることもあるでしょう。脱毛は最近でこそ、比較的リーズナブルな料金でできるようになってきましたが、一昔前はかなり高額でした。未成年者で脱毛をするのは贅沢すぎると思われてしまっているかもしれません。働いて稼げるようになってからやるべきだという意見もあるでしょう。

しかし、未成年で脱毛を検討している人の多くは、決して贅沢をしたくて脱毛したいと思っているわけではありません。周りの友人たちよりも、体毛が濃くてコンプレックスに感じている人が多いです。中学生や高校生くらいの時期だと、まだ大人のように立派なヒゲが生えている人は少数派でしょう。

思春期で多感な時期ということもあり、周囲の友達の目が気になっている人も多いです。体育の授業や部活動のときなどに半袖や半ズボンの運動着を着ると、濃い体毛がはっきりと見えてしまいます。10代だからこそある悩みです。あまり濃いヒゲでなくても、少し生えてきたヒゲを抜くなどして処理している人もいるでしょう。

しかし、未成年の時期はまだホルモンバランスが安定していません。ヒゲや体毛が生えるのはテストステロンという男性ホルモンが大きく影響していますが、テストステロンの分泌量は、10代の頃は年齢が上がるにつれて増えていきます。20歳前後にピークを迎え、25歳あたりから徐々に減少していくのです。減少に転じる前後からホルモンバランスが安定します。

そのため、未成年の頃にあまり体毛が濃くなかった人でも、20歳を過ぎてから体毛が濃くなり始める可能性もあるでしょう。未成年者のうちにヒゲ脱毛しても、20歳を過ぎてから再びヒゲが生えてくるかもしれません。

その場合には、再び施術を受けることになるでしょう。費用も余分にかかってしまいます。ヒゲ脱毛するなら、ホルモンバランスが安定する20代半ばくらいの時期まで待ってから行うのが無難でしょう。

ただ、ヒゲや体毛が濃いことに対して強いコンプレックスを抱いているのであれば、未成年のうちに脱毛するのも一法です。迷っているのであれば、相談だけでもしてみるといいでしょう。メンズ脱毛changeなら、無料で相談できます。

目次へ

まとめ

未成年者のヒゲ脱毛は、親権者の同意さえあれば、ほとんどのメンズ脱毛サロンで対応可能です。体毛がかなり濃くてコンプレックスに感じているのであれば、脱毛も検討してみるといいでしょう。ただし、10代のうちの脱毛をしても、20代半ば以降にまたヒゲが生えて来る可能性があります。人より少し濃い程度であれば、社会人になってからでもいいかもしれません。