ヒゲが臭いならヒゲ脱毛で改善しよう!その理由と効果について

ヒゲが女性から嫌われる原因の1つに「臭い」があります。例えば脂が酸化したような鼻をつく臭いです。そんな臭いの悩みも、発生源であるヒゲ脱毛を行えば解決します。その理由と効果について紹介しましょう。

この記事は約5分で読み終わります。

ヒゲが臭い原因は?女性はどう思っている?

ヒゲが臭う一番の原因は毛穴に溜まった皮脂の酸化です。皮脂自体には臭いがなく肌を保護するためにも必要ですが、空気に触れて酸化すると脂肪酸に変化して不快な臭いを発します。皮脂は全身に分泌されていますから、ヒゲが臭うということは頭や首の後ろ、脇なども臭っているかもしれません。

他にも汗と混じり合ったり、タバコやコーヒー、食事が付着したりするなどして、ヒゲの臭いはますます複雑になります。ただでさえヒゲは密集して縮れているため、蒸れやすく汚れが溜まりやすい構造になっているのです。

もっとも、こうしたヒゲの臭いが好きだという女性もいます。ヒゲの臭いが女性を引きつけるフェロモンの役割を果たすという説もあるほどです。確かにヒゲの構造は臭いを蓄えやすくなっています。

けれども臭いの元は放置すると、肌トラブルの原因にもなります。毛穴を詰まらせたり周囲の角質層にダメージを与えたりするからです。バリア機能が衰えた肌は水分が逃げやすくなり、シワやたるみが進んでしまいます。そうなると元に戻すのは容易ではありません。

やはりヒゲの臭いは気になったときに解消するのが一番です。既に自覚しているなら周囲にも相当臭っているので、早急に対策しなければいけません。加齢に伴い、ジアセチルやノネナールといった成分が分泌されると、臭いはもっとひどくなります。

自分ではヒゲの臭いが分からなくて不安な場合は、家族や友人、彼女など親しい人たちに確認してみましょう。気づいていても周囲からはなかなか言い出せないものです。

目次へ

ヒゲの臭いはヒゲ剃りで悪化する?ヒゲ脱毛は効果あるの?

ヒゲの臭いを消すには、洗うのが一番です。毎日の洗顔で余分な皮脂を洗い流しましょう。だからといって洗い過ぎるのは厳禁です。必要な皮脂まで洗い流し、肌を傷めてしまいます。スクラブ入りの洗顔料を使うのも好ましくありません。乾燥肌なら保湿成分入り、皮脂が過剰ならしっかり洗浄してくれる洗顔料がおすすめです。

洗顔料をしっかりと泡立てたら、手のひらで転がすように洗いましょう。洗い終えたら、泡が残らなくなるまで何度もすすぎます。タオルで拭くときは水を吸わせる要領で軽く押し当てるのがポイントです。

洗顔後は化粧水と乳液でしっかり保湿します。特に夜の洗顔で汚れを落としておくと、眠っている間の新陳代謝や肌の修復が捗るでしょう。

毎日の手入れも臭いを悪化させる場合があるので注意が必要です。例えばカミソリを使うと、ヒゲを剃ると同時に皮膚を傷つけてしまいます。目には見えなくても角質層が削がれたり、細かい傷がついたりしている状態です。

そこに雑菌が繁殖すると臭いの原因になりますし、皮膚を保護するために皮脂が過剰に分泌されます。

同じヒゲ剃りでも、T字カミソリよりは電気シェーバーを使ったほうが安全です。肌を傷つける心配が少ないので臭いを防げます。

ただし使った後の電気シェーバーを放置すると、中に溜まったヒゲや皮膚の削りカスに雑菌が繁殖します。虫が発生するケースもあるほどです。この状態で肌に触れると臭いの元が移ってしまうでしょう。

電気シェーバーはこまめに洗うのが大事です。最近では専用の洗浄液を使わなくても、ハンドソープで洗える電気シェーバーが増えています。時には分解して残った削りカスを掃除しましょう。

また電気シェーバーは、刃の切れ味が落ちると肌を傷つけてしまいます。T字カミソリと違って、刃の切れ味が落ちても実感しづらいので定期的な交換が必要です。

一般的には1~2年程度で交換します。電気シェーバーには内刃と外刃があり、両方を交換しなければいけません。別々あるいはセットで販売されています。

例え現状ではヒゲが臭わなくても、こうした手入れを続けることで予防できるでしょう。

目次へ

臭いのはヒゲ脱毛で改善!サロンがおすすめの理由は?

そして最も臭いを改善する効果が高いのはヒゲ脱毛です。ヒゲそのものが無くなってしまうので汚れが溜まりませんし、臭いも発生しません。毎日の手入れで肌が傷つくことも無くなりますから雑菌の繁殖も防げます。

特にサロンで使われるIPL(インテンス・パルス・ライト)という光には、毛穴を引き締めて肌を明るくする効果があります。つまり脱毛するだけで美肌効果が期待できるのです。

ヒゲ脱毛は1回だけでなく、複数回にわたって施術が行われます。ヒゲをはじめ体毛には毛周期があり、光やレーザーは成長期の体毛でないと効果がありません。また1つの部位で一度に生えるムダ毛は全体の1~2割程度ですから、それぞれの毛周期に合わせて施術する必要があります。

施術後は1~2週間程度でポロポロとヒゲが抜け落ち、一旦きれいになった後2ヶ月くらいで他の成長期を迎えたヒゲが生えてきます。早ければ3回目から脱毛効果を実感できるようになり、6~10回くらいで自己処理が不要になるほど目立たなくなります。期間にすると、おおよそ12~18ヶ月程度です。

料金は1回あたり1~3万円前後で、初回に限りお得なキャンペーン価格を設定していたり、コースにすると割り引かれたりします。臭いが解消される上に毎日の手入れから解放されることを考えれば、決して高くはないでしょう。

なおインターネット上では、「脇を脱毛してワキガが強くなった」という口コミが見受けられますが、基本的に脱毛と臭いの間に関連性はありません。ただし光やレーザーを照射したときは毛根が高熱で破壊されるので、一時的に焦げ臭いと感じる場合があります。どちらも特に心配しなくても良いでしょう。

目次へ

まとめ

ヒゲが臭うのは汚れが溜まりやすい構造をしており、そこで皮脂が酸化したり雑菌が繁殖したりするからです。毎日洗顔したり、肌を傷めないように手入れしたりするのも効果的ですが、ヒゲ脱毛をすると根本から臭いを解消できます。

メンズ脱毛のCHANGEでは、純国産の「シルキーライト」という機種を使ってヒゲ脱毛します。痛みが少なく、美肌にも効果を発揮する優れものです。さらに1,500円の追加料金でヒゲのデザイン脱毛も可能です。