青髭を隠すコンシーラ!使い方や注意点は?

コンシーラは、もともと女性が使う化粧品で男性には馴染みのない言葉ですが、近年では男性向けのコンシーラも販売されています。 ここでは、コンシーラの正しい使い方や注意点をご紹介します。コンシーラの特徴を知って、効果的に青髭を隠しましょう。

この記事は約7分で読み終わります。

コンシーラとは何のために使うものなのか

コンシーラは女性用化粧品の一種で、主にシミや目の下にできるクマ、ニキビ跡など見られたくないものを隠すために使用します。

最近では、青髭を隠す目的で販売されている男性用のコンシーラもあります。価格は2,000円以内で買えるものが多いです。塗るだけで素早く青髭を隠すことができる、優れた化粧品として注目されています。

細かな部分が特異なペンシルタイプや不器用な人でも塗りやすいスティックタイプ、広範囲でも素早く塗れ、カバー力が高いリキッドタイプやクリームタイプが販売されています。一度使い方をマスターすれば、素早く青髭を隠せるので時間がない朝でも安心です。

目次へ

青髭用のコンシーラはどこで買う?

青髭用コンシーラは、正確には「メンズ向け薬用コンシーラ」と呼ばれます。ドラッグストアや薬局、100均で購入が可能です。大きめのスーパーでも売っている可能性が高いです。

男性用化粧品のコーナーや洗顔剤、整髪料コーナーの近くに置いてあることが多いですが、商品が小さいため見つけにくいかもしれません。わからない場合は店員さんに聞いてみてください。

ドラッグストアや薬局に行くと、コンシーラが試せるテスターが置いてあることが多く、色や質感を実際に試してから買うことができます。

実際に試してから購入することをおすすめしますが、実店舗で買うのがどうしても恥ずかしいという場合は、Amazonや楽天などのネット通販でも買えます。この場合、使用感や色が分かりづらいので、レビューなどを参考に検討しましょう。

価格は2,000円以内で買えるものが多いですが、5,000円するコンシーラも存在します。基本的に値段が高いコンシーラほど、美容成分や保湿成分が多く配合されています。お肌のことを考えると、高いコンシーラを使ってみるのもおすすめです。

目次へ

青髭用コンシーラの使い方

いくら品質の良いコンシーラを手に入れても、正しい使い方をしなければきれいに青髭を隠すことはできません。肌トラブルの原因になることだってあります。ここでは基本的な正しいコンシーラの使い方をご紹介します。

青髭用コンシーラの塗り方

コンシーラは、あくまでも青髭を隠すためのアイテム。まずは青髭以外の伸びた髭を普段どおり、電動シェーバーやカミソリで短く剃ってください。

剃り終わったら、コンシーラを1センチ程度手に取って、青髭が気になる箇所にのせていきます。このときコンシーラをベッタリと付けすぎると、塗った部分だけ不自然な色になってしまいます。肌と自然に馴染ませるために、少量ずつ一定の間隔で乗せていくのが上手く青髭を隠すコツです。

次は指でコンシーラを全体に伸ばしていきます。このとき指の腹を使い中心から外側に向かって、少しずつ円を描くようにして伸ばしていくと上手く塗れます。とくに青髭が気になる箇所は、コンシーラを足して念入りに塗り込みましょう。

全体的にコンシーラを塗り終わったら、肌とコンシーラの境界線を消していきます。指の腹で軽く叩きながら境界線をボカしましょう。ポンポンポンとリズミカルに叩いていくと、自然に肌とコンシーラを馴染ませることができます。

上手く馴染みきらずに、コンシーラが目立っている場合はつけすぎです。やわらかいティッシュで優しく拭き取ってください。拭き取った場所にはコンシーラを足さずに、周りのすでに顔についているコンシーラを広げて馴染ませます。

ここまでやると、綺麗に青髭が隠れているはずです。はじめは時間がかかるかもしれませんが、慣れれば短時間で青髭を隠すことが可能です。

青髭用コンシーラの落とし方

青髭用コンシーラは、皮脂や汗で落ちにくいように作られているので、普通に洗顔するだけでは落としきれません。コンシーラをしっかり落とさないでいると、毛穴にコンシーラが詰まったままになって炎症を起こしたり、肌荒れの原因になったり、肌の老化を促進したりします。

コンシーラを綺麗に落とすには、クレンジング剤が必要。クレンジング剤は、女性が化粧を落とすために使用するもので、ドラッグストアや薬局、スーパーやコンビニでも購入可能です。もちろんネット通販でも買えます。コンシーラを買うときに一緒に買っておくようにしましょう。

クレンジング剤は、オイルタイプのものが一般的です。オイルタイプのクレンジング剤は、濡れた手で使うと洗浄効果が落ちるものが多いので、乾いた手にクレンジング剤を取りましょう。

クレンジング剤を手に取ったら、コンシーラを塗った箇所に塗り込んでいきます。指の腹で優しく円を描くように擦って、クレンジング剤とコンシーラを馴染ませるようにしてください。

軽くマッサージした後、コンシーラが浮いてきますのでぬるま湯で何度も洗い流します。ある程度洗い流せたら、普段どおり洗顔石鹸を使って洗顔しましょう。

洗顔後は、化粧水や乳液を使ってお肌をケアしてあげると、次回コンシーラの乗りが良くなりますよ。

目次へ

青髭用コンシーラを使うときの注意点

コンシーラはあくまでも青髭を隠す化粧品であるため、使い続けたからといって青髭が改善するものではありません。

顔の皮膚は敏感なので、肌への悪影響も少しはあります。これは、美容成分が配合されている高いコンシーラを買っても同じです。肌に合わないと感じたり、使用中違和感があったりした場合は、すぐに使用を中止してください。

青髭用コンシーラは、ライト肌用・ナチュラル肌用・日焼け肌用の3種類程度の色が販売されています。自分の肌の色に合ったコンシーラを選ぶことが重要で、色選びを間違うとどんなに上手い塗り方をしても違和感が出てしまいます。テスターが使用できる場合は、その場で試して選ぶと失敗なく買えます。

隠すことには万能と思われがちなコンシーラですが、全体的に髭が濃い人にはあまり向いていません。またコンシーラで隠した青髭は、遠目で見ると隠れているのですが、近くで見るとコンシーラを塗っている感や髭のポツポツがわかってしまいます。

やはり青髭をしっかり改善するには、男性用脱毛サロンやクリニックで脱毛する方法が効果的です。

おすすめの男性用脱毛サロンは、CHANGE。髭脱毛に強く、髭脱毛資格を持っている脱毛サロンなのです。もちろん髭以外の脱毛もおこなっているサロンなので、髭以外に気になる部分があれば相談できます。

青髭の悩みは女性には理解されにくく、女性に知られるのは恥ずかしいという人も多いです。CHANGEは、脱毛業界初の男性スタッフが対応する男性脱毛専門サロンとして人気があります。カウンセリングも施術もすべて男性スタッフなので、安心して悩みを相談することが可能です。

脱毛の効果は、脱毛機の性能と施術の技術によって変わってきます。CHANGEでは、技術ある脱毛技術士が国産脱毛機の最高峰であるシルキーライトを使って施術するので、安全で高い効果が期待できるのです。施術中の痛みもほとんどありません。暖かさを感じる程度なのも脱毛を続けられる理由になりますね。

脱毛総合賠償保険にも加入しているサロンなので、脱毛施術でもしも問題やトラブルが起きた場合でもしっかりと対応してもらえます。賠償保険への疑問や、肌が弱く脱毛に不安がある場合は、電話やメールでも質問できるので、納得いくまで聞くことが大切です。

料金は、業界一低価格で明確な料金体系です。現金での都度払いやカード払いにも対応してもらえます。入会金や年会費、脱毛に必要なジェル代など別途請求されることはありません。無理な勧誘もないので、気軽に相談できます。相談料や初回テストは無料です。

国際認定ヘアアドバイザーの資格を持った、知識豊富なスタッフがカウンセリングをしてくれるので、説明も丁寧でわかりやすく、自分に合った脱毛プランを提案してくれます。髭脱毛に強い脱毛サロンなので、将来的に髭を伸ばしたいけど、髭が濃すぎるので毛量を減らしたいという要望にも答えてくれます。

脱毛は、毛周期の関係でどこのサロンを選んでも定期的に通う必要があります。そのため忙しいビジネスマンは、途中で通えなくなり挫折してしまうことも。CHANGEは、23時まで営業しているので、平日の仕事帰りに通うことができます。髭脱毛の時間は30分程度で終わるので、仕事の合間に行くことも可能です。

途中での解約もできるので、脱毛を辞めたくなっても解約金やキャンセル料は発生せず簡単に解約できるのも安心できる部分です。

目次へ

まとめ

青髭用コンシーラは、手軽で便利ですが近くで見るとコンシーラで隠していることがバレたり、どうしても髭のポツポツ感が見えてしまったりします。綺麗に隠せても、お風呂に入ってコンシーラを落とせばまた青髭でコンプレックスは消えません。

根本的に青髭を対策するには、脱毛サロンが一番です。髭に強い男性脱毛専門サロンはなかなかありませんが、今回ご紹介したCHANGEも含め、ぜひ検討してみてください。