ヒゲ脱毛後のケアについて

ヒゲ脱毛後のケアについて

ヒゲ脱毛を行った後、何も気にせずに普段の生活を送ってはいませんか。実は、ヒゲ脱毛は脱毛後のケアが大切なのです。ヒゲ脱毛後のケアを適切に行わなければ、肌トラブルが起こる可能性も。肌トラブルが起きてしまうと、せっかくヒゲ脱毛を行いきれいになった肌が台無しです。肌トラブルが起きないよう、ヒゲ脱毛後のケアについて学び、ケアをしっかりとしていきましょう。

この記事は約8分で読み終わります。

ヒゲ脱毛後のアフターケア

ヒゲ脱毛後はどのようなことに気を付けないといけないのでしょうか。

特に気を付けたいのは、日焼け。ヒゲ脱毛後の肌は、かなりのストレスを受けており、ダメージが蓄積している状態です。そのような状態で直射日光に当たると、さらにダメージを受けることとなり、肌にシミができやすくなります。普段は日焼け止めを塗らない人でも日焼け止めをしっかりと塗るようにして、肌を紫外線から守りましょう。また、施術前に日焼けをしてしまうと、施術が行えなくなる可能性があります。ヒゲ脱毛を行っている期間は特に日焼けに気を付けましょう。

ヒゲ脱毛の施術後は、肌を温めないようにすることも大切。ヒゲ脱毛後の肌は毛穴の毛母細胞を熱で破壊しているため、皮膚が炎症を起こしています。皮膚が炎症を起こすためクリニックなどでは施術後に冷やすという処置が行われますが、自宅に帰ってからも火照りなどが続く場合には保冷剤などを使い、肌を冷やしましょう。

肌を冷やすのはもちろんですが、温めないようにすることも大切です。肌を温める行為と言えば、お風呂に浸かる、サウナに入る、熱いシャワーを浴びるなどといったこと。これらの行為をしてしまうと、炎症を起こしている肌がより炎症を起こしやすくなってしまいます。また、激しい運動もヒゲ脱毛当日は控えた方が無難です。運動をすると体温が上がります。すると炎症がひどくなってしまう可能性が。施術当日はおとなしくゆっくりと過ごしましょう。

ヒゲ脱毛後のアフターケアでは、保湿も大切。肌が炎症を起こしている状態なので保湿をしっかりと行い、肌荒れと乾燥を防ぎましょう。クリニックやサロンによっては、軟膏やクリームがもらえるところもあります。もらえる場合には、それきちんとを付けるようにすれば安心です。軟膏やクリームがもらえなかった場合は、自分でボディクリームや化粧水を購入して保湿します。最近では男性用の化粧水やボディクリームもかなり種類が豊富になってきました。選ぶ際にはアルコールや清涼剤があまり入っていない、刺激の少ないタイプのものを選ぶといいでしょう。

施術当日は、飲酒は控えましょう。アルコールを摂取してしまうとどうしても体温が上昇してしまいます。体温が上昇すると、肌の炎症がひどくなる可能性が。ヒゲ脱毛当日だけでなく肌の炎症が収まるまでは、飲酒を控えた方が無難です。また、施術前も飲酒は厳禁。飲酒をした状態でヒゲ脱毛をすると、普段は炎症が出ない人でも炎症が出る可能性があります。クリニックやサロンでも禁止事項に飲酒と記載してあるはずです。飲酒はしないようにしましょう。

夏場はよく使う汗のにおいなどを抑えるスプレー。このスプレーをヒゲ脱毛後の肌に使うと、毛穴を白いパウダーが塞いでしまうこともあります。そのようなことを防ぐため、ヒゲ脱毛後1週間はスプレーの使用はやめましょう。

目次に戻る

ヒゲ脱毛後に濃くなることも!

実は、ヒゲ脱毛後には一時的にヒゲが濃くなることもあります。クリニックやサロンでヒゲ脱毛の際には、説明があるかと思いますが、ヒゲ脱毛はレーザー脱毛を行った際には、誰にでも起きることであり、失敗ではないので安心しましょう。

ヒゲ脱毛後に濃くなったヒゲは泥棒ヒゲと呼ばれるもの。レーザー脱毛をすると毛母細胞のある毛根は焼けてなくなります。ですが、ヒゲ自体は燃えてはいません。毛根だけ焼けるため、ヒゲ自体は皮膚の中に残っています。

皮膚の中で浮いているような状態が泥棒ヒゲ。実は、皮膚の中で膨張してしまうことがあり、普通のヒゲよりも目立ってしまうのです。そのうえ、剃ろうとしてもなかなか剃りづらく、目立ってしまうことも。そんな時に無理に剃ろうとしてはいけません。ふわふわしている状態なので、剃りづらいのです。無理に剃ろうとすると、肌を痛めてしまいます。そのため、1週間だけ我慢しましょう。1週間ほど経つと、泥棒ヒゲはぽろぽろと抜けてきます。毛根がないため、ずっと皮膚の中にいることができないからです。1週間の我慢だと思い、泥棒ヒゲを我慢しましょう。

レーザーではなく、光でヒゲ脱毛を行った場合も、施術後にヒゲが濃くなったと感じることがあります。それは、フラッシュが当たることにより、一時的に毛穴が膨張するから。毛穴が膨張することで、毛が深くなっているように見えるのです。

他にも、ホルモンが乱れることで毛が濃くなったように感じられる場合があります。ホルモンを乱さないよう、睡眠不足や運動不足、食事などには気を付け、規則正しい生活を送っていきましょう。

ヒゲ脱毛後に剃ったり抜いたりしていいか

ヒゲ脱毛後には、ヒゲを剃ったり抜いたりしてもいいのでしょうか。実は、ヒゲを剃るのは丁寧に行えばOKなのですが、抜くのは厳禁です。抜いてはいけない理由と剃る際に気を付けたいことについて説明していきます。

ヒゲ脱毛後、毛抜きを使って毛を抜くことは厳禁です。なぜならば、レーザー脱毛後の肌は軽くやけどしているような状態であり、とてもダメージを受けている状態。そんな肌に毛抜きを使うことは、ダメージのある肌にさらにダメージを与えることなのです。毛抜きで毛を抜く行為は普段の健康な肌でも炎症性色素沈着という、毛抜きで抜いた後の肌が赤くなる状態になりやすいもの。そんなダメージの大きい毛抜きをヒゲ脱毛後の肌に行うと、深刻な色素沈着を起こしてしまう可能性があります。

毛抜きで上手に毛を抜くことができれば、毛根も抜けますよね。これがレーザー脱毛においては問題です。レーザー脱毛で間を空けるのは、毛根から毛が生えてくるのを待っているから。レーザー脱毛がきちんと作用するのは、毛が生えている成長期の毛穴に対して。そのため、毛抜きで抜いてしまうと、さらに間を空けなくてはいけなくなり、結果的に脱毛が完了するまでより長い時間がかかることとなります。

次に剃る際に気を付けなければならない点について。ヒゲ脱毛後にヒゲを剃る際には、肌がデリケートな状態であることを知っておかなければいけません。上でも書いた通り、肌はヒゲ脱毛後、かなりのダメージを負った状態です。そのため髭剃りを行う際には、しっかりと保護しながら剃るようにします。

髭剃りをする際には、せっけんやシェービングジェルでしっかりと肌を保護した状態で行いましょう。また、カミソリではなく、刺激の少ない電動シェーバーを使うようにします。ヒゲ脱毛後は毛が柔らかくなっています。そのため、普段とは違いかなり剃りにくく感じるはずです。肌を引っ張りながらやさしく剃るようにしましょう。

髭剃りを行った後には、しっかりと保湿を行います。肌の水分量が多いと、それだけで外的なダメージから肌が守られるため、保湿をしておくことはとても大切なのです。また、水分が十分に含まれているだけで、肌のターンオーバーが促進されるため、肌荒れがよくなることもあります。刺激の少ない化粧水や乳液を選び、肌をたっぷりの水分で潤しておきましょう。

ヒゲ脱毛後に起こりうるトラブル

ヒゲ脱毛後には、毛嚢炎やニキビ、赤みなど様々な肌トラブルが起こる可能性があります。それらのトラブルが起こる可能性があることをわかったうえで、起こった際の対処法や防ぐ方法などを知っておきましょう。

毛嚢炎とは、ニキビによく似た赤いブツブツのこと。ニキビとよく似ていますが、できる原因が違います。毛嚢炎は基本的にブドウ球菌が原因となって起こるものです。傷ついた毛穴に細菌が入ることで炎症が起こります。ヒゲ脱毛の場合、レーザーを照射することで肌に常にいて肌を守ってくれている常在菌もダメージを負ってしまうことで、細菌が肌に入り込みやすくなるのも原因です。そのため、普段よりも肌が弱っていて炎症を起こしやすい状況になっていると思っておきましょう。

毛嚢炎には、炎症の強いタイプとブドウ球菌よりもより強い細菌に感染することで起こるタイプの2種類あります。ヒゲ脱毛の場合は、炎症の強いタイプの毛嚢炎になることがほとんど。毛穴から膿が出てかなり目立ちますが、ニキビよりは短い期間で治ります。強い細菌に感染することで起こる毛嚢炎は、主に女性の脱毛でよく起こります。炎症の強いタイプに比べて、痛みやかゆみが少なく、背中や脇、太ももなど汗をかきやすい場所にできやすいものです。

毛嚢炎は、1~3回目の施術の際にできやすい炎症です。回数を重ねると肌がヒゲ脱毛の強い刺激に順応してくるため、起こりにくくなります。毛嚢炎があまりにひどい場合には、レーザーをしたクリニックか皮膚科に行き、塗り薬を処方してもらうといいでしょう。

ヒゲ脱毛後は、ニキビもできやすくなります。ヒゲ脱毛後は肌が乾燥するため、肌自身が乾燥を防ごうと油分を普段よりも多く出す場合があるからです。肌が油分を多く出すと油分が大好物であるニキビのもとのアクネ菌が油分をエサにしようとやってきます。そうして、普段よりもニキビができやすくなるのです。

赤みもヒゲ脱毛後に起こりやすい肌トラブルの1つです。術後に肌が赤くなる、ヒリヒリする、かゆくなるなどの症状が現れた際には、赤みが起こっていると考えてよいでしょう。赤みは冷やすことで症状が緩和されます。冷やしたタオルなどで顔を冷やしましょう。また、3日経っても赤みやかゆみが治らない場合は、軽度のやけどになっている可能性があります。そのような場合には、施術をしてもらったクリニックなどに相談してみましょう。

まれにではありますが、埋没毛があった場合、埋没毛が皮膚の中で炎症になることもあります。様子を見てみて、あまりにもひどい場合には、相談しましょう。

目次に戻る

まとめ

ヒゲ脱毛後はしてもらって終わりではありません。その後のアフターケアによって、ヒゲ脱毛後の肌がきれいになるかどうかが決まるともいえます。自分でできるアフターケアは何と言っても保湿と日焼け防止です、肌を大切にこまめに肌の手入れをして、肌をきれいに保ちましょう。