ヒゲ脱毛が原因!?毛嚢炎ができるメカニズムと治療法

ヒゲ脱毛をするためにレーザーを照射すると、ニキビのようなブツブツができることがあります。いわゆる「毛嚢炎(毛包炎)」です。なぜヒゲ脱毛で毛嚢炎ができてしまうのでしょうか。そのメカニズムと治療法を紹介します。

この記事は約8分で読み終わります。

毛嚢炎って何?

毛嚢炎とは毛穴の奥にある毛嚢(毛包)が炎症を起こしている状態です。毛嚢は毛穴の奥にあり、毛根を包んで保護する役目があります。一見ニキビのようにも見えますが、毛嚢炎は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が主な原因であり、毛穴に皮脂が詰まってアクネ菌により発症するニキビとは一線を画します。

汗疹(あせも)やマラセチア毛包炎にも似ていますが、前者は汗の排出管の詰まりによるもので、後者は同じく常在菌のひとつであるマラセチア菌の異常繁殖による炎症です。他にも塩素消毒が不十分な公共浴場で入浴すると「緑膿菌」が入り込んで毛嚢炎になる場合もあります。これは「温浴毛嚢炎」と呼ばれ、一般的な毛嚢炎とはまた別です。

黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌は皮膚に常在する菌の一種で、普段は何の害もありません。けれどもなんらかの理由で毛穴が開いたり、免疫力が落ちたりすると毛嚢まで侵入して炎症を起こします。表面に見えるブツブツは「丘疹」で、その中でも膿が溜まったものは「膿疱」と呼ばれます。

毛嚢炎の症状は炎症が強く出るタイプとそうでないタイプに分かれ、前者は赤くヒリヒリとするのが特徴です。皮膚の表面だけでなく毛穴の奥深くまでダメージが広がっています。膿疱に触れるとおできのような硬さがあるかもしれません。対して後者は感染だけしている状態で、あまり目立たず痒みや痛みも少なめです。

毛嚢炎ができるのはヒゲのように体毛が密集しているところ、蒸れて汗や汚れが付着しやすい脇やVIO、皮脂の分泌が多いおでこや背中、すすぎ残しの多い膝やふくらはぎなどです。当然、男性だけでなく女性も発症します。とくにVIOは他の部位より皮膚が薄いので要注意です。

発症する仕組みからわかるように、毛嚢炎は人から人に感染することはめったにありません。ただし毛嚢炎を発症している部位で触れ合うのは刺激になるので避けた方が無難です。とくにVIOの毛嚢炎は性行為によって皮膚が刺激されるのはもちろん、汚れが付着して悪化する恐れがあります。完治するまで避けましょう。

なぜヒゲ脱毛後に毛嚢炎を引き起こすのか?

毛嚢炎を起こす主なきっかけはムダ毛の自己処理です。たとえばカミソリを使うと表皮を薄く削ぎ、細かい傷をつけてしまいます。毛抜きは毛穴に大きな負担をかけて形を歪ませてしまいます。ワックスも同じです。除毛クリームは皮膚のタンパク質を溶かしてしまいます。

いずれも皮膚にダメージを与え、バリア機能を破壊します。そうなると肌から水分が逃げたり、雑菌などの異物が侵入しやすくなったりするのです。だから誰でも毛嚢炎になる可能性はあります。

レーザー脱毛や光脱毛で毛嚢炎ができるメカニズムもこれと同じです。レーザーや光を照射するとムダ毛の黒い色が吸収して高熱を発します。その温度はレーザーで250℃、光で70℃くらいになるほどです。毛根が破壊されると同時に周辺の皮膚にも熱が広がってダメージを受けます。これがバリア機能を下げる原因となり、毛嚢炎を起こしやすくなります。施術前のカウンセリングでもリスクのひとつとして説明されているはずです。

もちろんクリニックやサロンでは毛嚢炎を防ぐためにレーザーや光を照射するそばから冷却し、施術後も十分にクールダウンします。また毛嚢炎を防ぐための塗り薬を処方してくれるクリニックもあります。医師の指示に従って塗りましょう。

それでも帰宅してからのアフターケアが不十分だと毛嚢炎になってしまいます。とくにレーザーや光を照射した部位を手でペタペタ触るのは厳禁です。手には雑菌が付着しやすいので、バリア機能が衰えているところを触ると毛穴に入り込んでしまいます。ヒゲ脱毛するとつい触りがちなので気をつけましょう。寝ている間も要注意です。髪の毛が触れる場合は後ろや頭頂部で縛るなどします。

よくあるのが「焼け残り」というダメージを受けた毛根から離れたヒゲを自分で引き抜く行為です。雑菌の付着だけでなく皮膚への刺激にもなります。決して触らないように指導する医師やサロンスタッフもいるので、自然にポロポロと抜け落ちるのを待つ方が無難です。

もっとも誰もが必ずレーザー脱毛や光脱毛で毛嚢炎を起こすとは限りません。元々、皮脂の分泌量が多かったり乾燥などで肌の水分量が少なかったり、免疫力が下がっていたりすると毛嚢炎にかかる確率が高くなります。さらに女性は生理の影響でホルモンバランスが崩れ、敏感肌に傾いた時にかかりやすくなります。

また施術に使う機種によっても異なります。最新の機種であるほどレーザーや光を短時間にピンポイントで照射できます。それだけ皮膚への負担を抑えられ、毛嚢炎にかかりづらくなるでしょう。

最初はレーザーや光の出力を抑えてもらうのも効果的です。ムダ毛の量が多い時はどうしても施術時に受けるダメージの量が多くなります。ある程度脱毛が済んでムダ毛が減れば、毛嚢炎のリスクは幾分軽減されるでしょう。

毛嚢炎ができてしまった!その治療方法は?

もし毛嚢炎ができてしまっても、ほとんどは何もしなくても1週間程度で治ります。赤みやヒリヒリとした痛みがあったり、1週間経っても治らない場合は皮膚科(VIOであれば婦人科や泌尿器科)のあるクリニックで診てもらいましょう。レーザー脱毛が原因なら施術を受けたクリニックが一番です。

主な治療方法としてステロイド剤や抗真菌薬の軟膏、抗生物質の内服薬が処方されます。ただしステロイド剤には炎症を抑える効果がある反面、免疫作用を抑制します。使用時は必ず医師の指示に従い、過剰に塗らないように注意しましょう。膿が溜まって重症化したら手術で切開です。脱毛と違って、いずれも健康保険が適用されます。

ステロイド剤は市販の軟膏にも含まれており、処方されるのと配合量が遜色ないものもあります。つい塗り過ぎたり依存しやすかったりするので、ドラッグストアで購入する際は必ず薬剤師に相談しましょう。VIOなど皮膚が薄い上に粘膜が近いところに毛嚢炎ができてしまった時は、クリニックを受診して医師の指導を受けてから処方してもらうのが安全です。

毛嚢炎を悪化させないためには常に清潔に保つことが必須です。汗をかいたら洗顔やシャワーで洗い流します。下着や寝具など肌に触れるものも汚れが付着しないように洗濯したり、日光で干したりしましょう。もちろん手洗いも大切です。顔や体を洗う時はマイルドな洗浄剤を使います。タオルやスポンジでこするのは厳禁です。

皮膚への刺激もできるだけ避けます。とくにヒゲ脱毛で毛嚢炎になったらヒゲ剃りもしばらく控えた方がよさそうです。人前に出るためにどうしても剃らなければいけない時は、毛抜きよりもカミソリ、カミソリよりも電気シェーバーを使いましょう。刃は切れ味がいいものを使います。剃る時は毛の流れに逆らってはいけません。他にも紫外線や空気中のホコリも刺激になるため、マスクなどで保護します。

生活習慣の改善も効果的です。免疫力を回復するために規則正しい生活を送り、しっかりと睡眠を取ります。食事はバランスよく、ポリフェノールやビタミンC、Eなどの抗酸化物質を多めに摂るよう心がけます。ストレスは適度な運動で上手に解消しましょう。

毛嚢炎は潰しちゃダメ!NGなケアに要注意

毛嚢炎のケアで一番やってはいけないのは潰してしまうことです。毛穴が化膿して周囲の皮膚組織を破壊する恐れがあり、完治してもクレーターのような跡が残ってしまいます。同様に毛嚢炎の最中にムダ毛を自己処理するのも、毛嚢炎の箇所を潰してしまう恐れがあるので避けましょう。とくにヒゲ脱毛した後の顔に毛嚢炎ができたら気になるかもしれませんがグッと我慢です。

早く治したくてステロイド剤を塗り過ぎるのもNGです。前述のとおり免疫作用を抑制するため、菌の繁殖が促されて逆に治りが遅くなってしまいます。炎症を抑えるために塗っているはずなのに、余計に炎症が酷くなってしまうという悪循環を繰り返すうちに依存する恐れもあります。とくに医師から処方されたものではなく、市販の薬を使用している場合は注意が必要です。

このようにクリニックを受診せず、いつまでも自己判断でケアするのも症状を長引かせる原因になります。汗疹やマラセチア毛包炎、ニキビ、温浴毛嚢炎のように毛嚢炎と似ていながら実は別であることはよくあり、それぞれ治療方法も異なります。1ヶ月経っても改善の見込みがなさそうな時はクリニックを受診しましょう。

脱毛の最中に毛嚢炎ができてしまうとレーザーも光も照射できなくなってしまいます。毛嚢炎を避けたりシールで隠したりして照射するところもあれば、部位全体の照射を断るところもあります。とくにサロンはクリニックと違って万が一の事態が発生しても手当ができません。そのためクリニックよりも毛嚢炎ができた時の施術には慎重になっているようです。まずは完治させるのが先です。

ただし毛嚢炎で施術できなくなると、レーザー脱毛や光脱毛に効果的な毛周期の成長期を逃してしまうため、次の成長期まで待たなければいけません。その分だけ脱毛の完了がずれこんでしまうので、脱毛中は毛嚢炎にならないよう予防し、なってもすぐに完治できるよう治療するのが大事です。

まとめ

ヒゲ脱毛で毛嚢炎ができるのは、発生する高熱によって皮膚がダメージを受け、バリア機能が衰えるからです。普段は無害な黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が毛穴に入り込んで炎症を起こしてしまいます。

できてしまった毛嚢炎は1週間もすれば収まりますが、長引く場合は皮膚科を受診しましょう。ステロイド剤や抗真菌薬の塗布、抗生物質の服用で改善します。普段から清潔に保ち、不要な刺激を与えないようにするのも大事です。