濃いヒゲを薄くするには?脱毛したほうがいい?

ヒゲが濃いと、剃ってもすぐに目立ってしまい、周囲の目線も気になります。女性からの評判もイマイチです。なぜヒゲは濃くなるのでしょうか。また、濃いヒゲを薄くするには、どうすればいいのでしょうか。

この記事は約5分で読み終わります。

ヒゲが濃くなる原因

まずはヒゲが濃くなる原因とデメリットを確認しましょう。

髭が伸びやすい男性の特徴と原因

ヒゲが濃くなるのは2つの原因があります。1つは遺伝です。毛穴の数や密度は遺伝の影響を受けます。ただし、それだけでは濃くなりません。もう1つ、男性ホルモンの分泌が活発になるとヒゲは濃くなります。

男性ホルモンの1種である「テストステロン」は、「5αリダクターゼ」という体内の還元酵素と結びつくと、「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化します。ジヒドロテストステロンは髪の毛の発育を妨げますが、ヒゲをはじめとする体毛は逆に発育を促す成分です。

男性ホルモンが分泌される時間は、生活習慣によって長くなったり短くなったりします。例えば肉やネギ類に偏った食生活、筋トレ、性的な興奮、喫煙などです。ストレスや睡眠不足は自律神経を乱し、ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンを優位にします。

また、普段の手入れも要注意です。人間の体はダメージを受けると自己防衛のために、その部位を強化しようとします。例えばヒゲを抜く行為は毛穴が炎症を起こしますから、次に生えるヒゲを太く丈夫にするでしょう。ヒゲ剃りも肌に負担をかけるので、やり方次第ではかえってヒゲが濃くなる原因です。

ヒゲが濃いデメリット

ヒゲが濃いと男性的で大人っぽく見えます。欧米の男性は、子供っぽく見られるのを防ぐためにヒゲを伸ばし、女性もヒゲのある男性を好む傾向があるようです。一方、日本ではヒゲを生やすのはもちろん、ヒゲが濃いだけでも良くない印象を与えてしまいます。なぜなら清潔感に乏しいからです。

無精ヒゲは小汚いだけでなく、貧乏くさく見えます。ポタージュなど汁物を飲んだ際、口ヒゲに付着すると気持ち悪いと感じる女性は多いようです。実際にヒゲは臭いを蓄えやすく、どんなに洗っても時間が経つと汗や皮脂のせいで臭いやすくなります。本来、それはフェロモンの役割を果たしますが、不快に感じる人も多いでしょう。

ビジネスの場でもヒゲが濃いのは不利です。ヒゲを剃るのがマナーであり、ヒゲが濃いだけでも清潔感に乏しく、老け顔に見られてしまいます。良い印象を与えるために手入れするのは時間も費用もかかり、肌へのダメージも蓄積しがちです。日本でヒゲが濃いのはデメリットだらけといえます。

目次へ

ヒゲを薄くするための対策

ヒゲは生活習慣の改善や脱毛などで薄くすることができます。その方法を紹介しましょう。

ヒゲを薄くする方法

先述のとおり、男性ホルモンの分泌が活発になると、ヒゲは濃くなります。男性ホルモンの分泌を抑えるように生活習慣を改善すれば、ヒゲが薄くなるのを期待できるはずです。

例えば食事では肉やネギ類を控え、野菜や豆類などバランス良く摂ります。特に大豆イソフラボンは、女性ホルモンの「エストロゲン」と似た働きをする成分です。男性ホルモンの働きを抑えて、ホルモンバランスを整えてくれます。

他にも十分に睡眠を摂り、ストレスを溜めないよう心がけるのも大切です。筋トレや性的な興奮を高める自慰も回数を減らしたほうが良いでしょう。

ヒゲを剃るときは、カミソリを使うと深く剃れて濃く見えるのを遅らせることが可能です。最近では深剃りできる電気シェーバーもあります。肌を傷めないように、前もって水やジェルなどでヒゲを濡らし、柔らかくしておきましょう。蒸しタオルで毛穴を開いておくのも効果的です。

ヒゲは午前6時から10時にかけて伸びるので、剃るなら夜よりも朝が向いています。昼休みに伸びかけたヒゲを剃れば、帰宅するまで見た目を維持できるでしょう。剃ってもヒゲの濃さが目立つようであれば日焼けして肌を黒くしたり、男性向けのファンデーションやコンシーラーを使ったりして隠す方法もあります。

濃いヒゲは脱毛しよう

根本的にヒゲの濃さを解消するには、脱毛するのが一番です。ただし、抑毛ローションを塗るのは効果を実感できるまで時間がかかり、家庭用脱毛器は安全のため出力が抑えられています。そこで、クリニックやサロンで脱毛するのが確実といえるでしょう。

クリニックもサロンも特殊なレーザーや光で毛根にダメージを与えます。特にサロンの脱毛は1回あたりの費用が安く、痛みも少ないため、初めての脱毛向きです。永久脱毛ではなく、減毛や抑毛する程度ですが、自己処理が楽になり、気が向いたときに再びヒゲを生やすことも可能です。8回も施術するとヒゲが薄くなったのを実感できるでしょう。

最近では男性スタッフが施術してくれる男性専用のサロンが増えています。大阪の心斎橋や天満宮、東京の赤坂に店舗を構える「CHANGE」もその1つです。

有資格者が施術を行い、脱毛には純国産の機器を使用します。脱毛総合賠償保険にも加入しているので、万が一のときも安心です。すべての店舗で午後11時まで営業しており、仕事帰りにも立ち寄れます。濃いヒゲが薄くなるまでサポートしてくれるでしょう。

目次へ

↓「CHANGE」公式LINE@はコチラ

↓「CHANGE」公式Instagramはコチラ
https://www.instagram.com/mens_change/

まとめ

濃いヒゲは生活習慣の改善や、剃り方によって薄くできます。ただし、根本的に解消したいのであれば脱毛するのがおすすめです。サロンの光脱毛であれば気軽に脱毛できるでしょう。男性専門のサロンも増えています。