男性の脱毛。脱毛後のケアでトラブルを防ごう!

脱毛にともなう肌トラブルで悩まされる男性は少なくありません。しかし、実はそのようなトラブルの中には、脱毛後のケアをきちんとしておけば防げたものも多くあります。そこで今回は、男性の脱毛で起こるトラブルの例と、トラブル防止のためにやりたい脱毛後のケアについてお話します。

この記事は約7分で読み終わります。

ケアをしないとだめ!男性の脱毛で起こるトラブル

「肌のケアは女性がするもの」と思っている男性は少なくないですが、男性でも脱毛後は肌のケアをしなければなりません。肌のケアをせずに放置してしまうと、さまざまな肌トラブルが起きる可能性があります。

脱毛後に起きるトラブルについてご紹介しましょう。

肌が炎症を起こしてしまう。

脱毛後は肌が赤くなり、炎症を起こしてしまうことがあります。これは、医療レーザー脱毛や光脱毛を行なった後によくみられるものです。

レーザーなどの光線は通常、肌自体に直接ダメージを与えることはほとんどありません。しかし、脱毛処理を行なう際に発生する熱によって肌が炎症を起こすことはあります。これは一時的なものですが、放置しておくと悪化して火傷のようになることもあるので注意が必要です。

ニキビのようなブツブツができる。

脱毛後の肌はきれいになるかと思いきや、ニキビのようなブツブツが毛穴の部分にできることがあります。このブツブツの正体はニキビではなく、毛嚢炎(もうのうえん)と呼ばれるものです。

脱毛後の肌はバリア機能が低下している状態なので、いつもなら感染しない、ブドウ球菌などのような細菌に感染してしまうことがあります。そのため、毛穴部分に炎症が起こり毛嚢炎となることがあるのです。

毛穴のある部分ならどこでも毛嚢炎になる可能性はありますが、男性のヒゲ脱毛後の肌は毛嚢炎を起こしやすいので注意しましょう。ヒゲは毛が太く、他の部位と比べて毛穴が広がっていますし、また手で触れやすい部位です。そのため、細菌が入りやすいので、ヒゲ脱毛の後は特に丁寧にケアをしなければなりません。

毛が濃くなる。

脱毛したのに毛が濃くなるということも稀にあります。これは、硬化症と呼ばれるものです。原因についてはまだよく分からない部分も多いのですが、弱い出力の光線を照射することで、毛の成長を活性化させてしまうことに原因があると考えられています。

肌が乾燥する。

脱毛は高熱によってムダ毛を処理するので、脱毛後の肌は正しくケアしないと乾燥してカサカサになります。肌の保湿に気を使っている男性も増えてきてはいるものの、やはり過半数は何もやっていないという人が少なくないでしょう。

しかし、脱毛後の肌は乾燥するので、保湿ケアをきちんとしないと肌荒れが起きたり、肌がヒリヒリしたりして、肌トラブルの原因となります。

心配な方は脱毛の前にパッチテストを。

「脱毛後に肌トラブルが起きないか心配」という方は、脱毛前にパッチテストを受けるのがおすすめです。脱毛サロンの中には、脱毛を本格的に受ける前に無料でパッチテストが受けられるところもあります。そのような脱毛サロンを選んで、まずはパッチテストを受けてみましょう。

メンズ脱毛サロンの一つ、CHANGEでは、無料カウンセリング時に無料でテスト脱毛を受けることが可能です。

目次へ

男性の脱毛当日のケア方法

男性の脱毛後の肌トラブルを予防するために、また肌トラブルを最小限に抑えるために、脱毛当日にできるケアをご紹介していきます。

冷やす

脱毛後は肌が熱を持っているので、放置するとヒリヒリして火傷のような症状が出ることもあります。なので、脱毛サロンやクリニックで施術を受けた後は、できるだけ早く冷やすようにしましょう。

冷やす場合は、冷やしたペットボトルや保冷剤に濡れたタオルを巻くなどすると、丁度いい温度で冷やすことができます。

保湿をする

医療レーザー脱毛や光脱毛は、高熱によってムダ毛を処理するので、脱毛後は肌から水分が奪われてしまいます。放っておくと肌はカサカサになりますし、肌のバリア機能が低下して、外部からの刺激の影響を受けやすくなります。

脱毛後は肌の乾燥を緩和するために、保湿ケアを行なうようにしてください。クリニックなどでクリームを処方された場合は、それを塗るといいでしょう。もしも何ももらっていない場合は、化粧水や乳液などを使って保湿ケアをします。

化粧水や乳液などは、わざわざ男性向けのものを購入する必要はなく、ドラッグストアなどに安く売ってある女性向けのものでも構いません。入浴後などはきちんと保湿しておくことで、肌の乾燥からくるさまざまな肌トラブルを予防することができるでしょう。

日焼け対策をする

脱毛後の肌はバリア機能が低下しているために、紫外線を直接浴びると肌へのダメージが強く、ヒリヒリしたり、火傷したりします。なので、脱毛後はできるだけ日差しを浴びないようにしましょう。

もしも脱毛後にしばらく外で過ごす必要がある場合は、施術した部分に日焼け止めを塗り、なるべくその部分の肌を露出しないようにします。腕や足などを施術した場合は、長袖シャツや長ズボン、ヒゲ脱毛の場合はマスクなどを利用して、できるだけ直接肌に紫外線を浴びないようにしましょう。

入浴はシャワーのみ

脱毛後の肌は温めると肌がヒリヒリしたり、炎症を起こしたりする原因となります。なので、お風呂は湯船に浸からずにシャワーだけで済ませるようにしてください。シャワーのお湯の温度も少しぬるめくらいがおすすめです。施術した部位をゴシゴシとこするのはNGなので、身体を洗う時には気をつけましょう。

薬を処方された時は服用する

クリニックで医療レーザー脱毛を受けた場合は、薬を処方されることがあります。その場合は、薬を服用するようにしましょう。そうすることで、脱毛にともなう肌トラブルのリスクを回避することができます。

目次へ

男性の脱毛翌日からのケア方法

男性の脱毛後のケアは、脱毛当日のみすればいいというものではありません。脱毛後、しばらくは肌が敏感な状態ですので、きちんとケアをしないと肌トラブルの原因となります。男性が気をつけたい脱毛翌日からのケアについてお伝えしていきます。

毛の処理は優しく剃る

脱毛後、毛が伸びてきた場合は、優しく剃るようにしましょう。カミソリで剃ると、カミソリ負けの原因となる場合がありますので、電気シェーバーなどを使って剃るのがおすすめです。

脱毛期間中は毛抜きで抜くと、毛周期が乱れて思うような脱毛効果が得られなくなる可能性があります。毛抜きで抜くお手入れはNGと覚えておきましょう。もちろん、脱毛ワックスや脱毛テープなど、毛抜き以外の抜くお手入れ全般もおすすめできません。

日焼け対策をする

脱毛後、しばらくは肌が敏感になっていますから、日焼け止めを塗るなどして日焼け対策をしましょう。脱毛後3週間くらい経って、肌の状態が通常に戻ったとしても日焼け対策は続けるようにします。

というのは、医療レーザーなどの光線は色素の濃いものに反応する性質があるため、日焼けした肌に照射することはできないからです。日焼けした肌に照射すると火傷のリスクがあるため、肌の色が元に戻るまで施術を受けることはできません。脱毛期間中は日焼け止めなどを利用して、極力日焼けしないように気をつけましょう。

保湿をする

脱毛当日以降も保湿ケアをして、肌が早く回復できるようにサポートしましょう。入浴後はもちろんのこと、日中でも肌の乾燥を感じる場合は、すぐに保湿するのがおすすめです。

男性の場合はスキンケアの習慣がないために、つい保湿ケアが疎かになりがちです。しかし、丁寧に保湿ケアを行なうことで肌のダメージ回復を早めることができますし、脱毛にともなう肌トラブルを予防する助けになるので、忘れずに保湿ケアを行なうようにしてください。

目次へ

まとめ

男性の場合は、女性と比べて脱毛後のケアを怠るケースが多くみられます。しかし、脱毛後のケアを怠ると、肌トラブルの原因となりますので、こちらでご紹介した方法を参考に、丁寧なケアを心がけてみてください。

男性で脱毛を考えている方は、CHANGEで相談してみてはいかがでしょうか。