男の顔の印象は眉毛で変わる!整え方をレクチャー

眉毛で大きく印象が変わります!あなたの周りにも、美容院で眉毛を整えてもらったら顔の印象が変わってかっこよくなった人がいるのではないでしょうか? 今回は見映えの良い眉毛の整え方をご紹介します。男性としてわざとらしくない太さやこなれ感などがあると、非常におしゃれに見えますよ。 眉毛を整えると清潔感やフォーマル感も出ますので、ビジネスや恋愛にも良い効果をもたらすでしょう。

この記事は約6分で読み終わります。

男の眉毛 整え方

ここでは、自分でできる眉毛の整え方をご紹介します。丸顔でも面長でもかっこよく見える「黄金比」というものがあり、覚えておけば簡単におしゃれな眉が作れますよ!

基本の眉毛 黄金比

  • 眉毛の太さ(幅)は目の縦幅と同じ

まず、眉毛の太さ(幅)は目の縦幅と同じ、あるいは3分の2と言われています。ご自身の目の縦幅を測り、同じ太さにするか、細眉が良い方は3分の2程度にするとバランスがよいです。定規の無い方は眉用(アイブロー)ペンシルやボールペンなどの細いものを定規代わりにすると測りやすいですよ。

  • 眉頭は小鼻の脇の線

眉頭(眉毛の先頭、はじまり)は、小鼻の脇(一番外側)を上に延長した所。目頭と同じ位置でもOKですが、そうすると少し短めになります。

  • 眉尻は小鼻の脇と目じりを結ぶ線の延長

眉尻は小鼻の脇と目じりを結んだ線の延長上の点にしておくと、バランスが良くなります。

眉毛を整える際に準備する道具

眉毛を整えるための道具がいくつかあります。ドラッグストアや100円ショップなどで揃うものばかりですので、手に入れやすいのもポイントです。

  • 眉シェーバー

眉を剃(そ)るカミソリのことです。電動タイプを選べば力を入れずに剃れます。

  • 眉毛用はさみ

眉毛用ハサミは眉毛を切りやすい形になっています。先端がややカーブしているのが特徴です。まれにアイブローシザーズと呼ぶこともあります。

  • コームブラシ(コーム&ブラシ)

眉毛用の櫛(くし:英語でコーム)とブラシがセットになった物です。眉毛を整えやすく、毛の流れを作りやすいです。

毛抜きを使いたくなると思いますが、毛を抜くと痛みで涙が出たり、毛穴が炎症を起こしたりするため、なるべく使わない方が良いでしょう。

眉毛の整え方

前述した通りに、眉頭や眉尻の場所を決めます。眉用(アイブロー)ペンシルで眉の始まりと終わりの点や、理想の形を描いておくと安心ですよ。眉用ペンシルは100円ショップやドラッグストアで販売しているので、上記で挙げた道具と共に買っておくことをおすすめします。

まずはコームブラシで眉毛を梳(と)いて、眉の流れを整えます。そして、理想の形から外れている眉毛は眉毛用はさみで切って整えます。

理想の形の周りに生えている太い眉毛は眉シェーバーで剃ります。ただし、産毛程度のものなら残しておきましょう。除毛しすぎるとやりすぎた感が出てしまいます。

眉頭付近など、余りに濃い場合は濃さの調整をします。コームで眉毛を下からすくい上げると眉毛がコームからはみ出ます。そのはみ出た毛を眉毛用ハサミで切ります。切りすぎないよう、ちょっとずつ切ると失敗が少ないです。

目次へ

眉毛の形状別に与える印象を知ろう

かっこいい眉毛といっても色々あります。ここでは代表的な3つの眉毛の形状をご紹介します。お好きなタイプを選んでくださいね!

ナチュラル

自眉を活かした眉毛、あまり大幅に変えたくない人におすすめの形です。やりすぎ感がなく、清潔感があり、優しい印象になります。

整え方としては、眉が太すぎる人は目幅以下に細くしますが、眉高(眉の一番高いところ)などを作ったりせず、自然の形を活かします。

ポイントは黄金比を守って整えること、理想の眉の周りを綺麗に整え過ぎないこと。特に眉頭の周りはある程度ムダ毛を残した方がナチュラルです。

太め直線的

やり手の営業マンなど、「できる人」という印象を与えたい人におすすめの形。太眉で眉毛の量が多い人に似合うでしょう。

太めで直線的な形にします。目力がUPしますし、クールな印象に仕上がります。

ポイントは太くしすぎないこと。黄金比では眉毛の太さは目の縦幅と同じから3分の2までですが、顔のバランスを見て、眉毛が目立ちすぎるようなら3分の2以下にしておくと印象が強くなりすぎません。

細めのアーチ

中性的、あるいは知的な印象を与えたい人におすすめの形です。「普段の服装がきれいめカジュアル」という人にもピッタリでしょう。

曲線的な眉のアーチをつくり、細めに仕上げるのがポイントですが、細くしすぎると目から眉が離れ、彫が浅い印象になります。彫の深い西洋顔が好きな方は要注意です。

目次へ

眉毛を整える お手入れの頻度

眉毛は一度整えても伸びてきますよね。エチケットとして眉毛のお手入れを習慣にするとよいでしょう。ここでは眉毛のお手入れの頻度についてご説明いたします。

エチケット習慣の頻度

「毎朝」「1週間後」「2週間に1度」…等々、頻度には個人差があります。眉毛に限らず、鼻毛や耳毛もいつの間にか伸びていますよね。眉毛や鼻毛、耳毛など、首から上のムダ毛は他者に不快感を与える場合もあります。

毎朝鏡を見て、伸びていればお手入れをするとよいですね。カレンダーにお手入れ日を書き込んでおけば、ご自身のサイクルが分かると思います。普段は簡単に、そして定期的にしっかりお手入れすれば完璧です。

脱毛サロンで眉脱毛?!

「眉毛を整えるのが難しい」「すぐ伸びてくるので面倒」といった人は、脱毛サロンでの眉脱毛をすると楽です。

男性専用の脱毛サロンCHANGEでは、無料カウンセリングや無料のテスト脱毛を行っており、完全個室のプライベート空間なので、脱毛サロンが初めてな方でも気軽にご利用できます。

また、業界16年の歴史を持ち、脱毛施術の技術資格を有する男性スタッフが在籍しているので、安心して施術を受けられます。

最初のうちは再び伸びてきますが、徐々に生える間隔が長くなり、ムダ毛が生えなくなりますよ。「この眉毛が好き!」という眉毛の形が決まったら、ぜひ脱毛サロンCHANGEまでにご相談ください。

目次へ

↓「CHANGE」公式LINE@はコチラ

↓「CHANGE」公式Instagramはコチラ

https://www.instagram.com/mens_change/

まとめ

今回はかっこいい眉毛を作るためのポイントをお伝えしました。眉毛の黄金比や理想の眉毛の形を知れば、いつでも自分で眉毛を整えることができます。

眉毛や鼻毛、耳毛は毎日チェックしてお手入れしておくと好印象です。自分では難しい場合は脱毛サロンにお願いするとよいでしょう。

眉毛を整えて、ますますかっこよくなってくださいね!