ヒゲ脱毛は何回目から効果がある?効果実感までの経過紹介​

ヒゲ脱毛は何回目から効果がある?効果実感までの経過紹介​

ヒゲ脱毛をしようとすると、多くのクリニックやサロンでは複数回のコースを勧められます。ほとんどが5~6回で、期間中の施術回数が無制限になるコースもあります。実際のところは何回目から効果があるのか経過を見てみましょう。

この記事は約8分で読み終わります。

1回目のヒゲ脱毛から何日目で効果実感?

サロンでのフラッシュ脱毛は肌に光を当てて毛根を弱らせる方法です。
黒い部分、メラニン色素にだけ反応します。出力はクリニックに比べ弱いため、痛みの少ない脱毛方法です。
1回目で約10%程度脱毛できます。

クリニックでヒゲにレーザーを照射すると、毛の黒い色に反応して250℃くらいの高熱が発生します。その熱で毛乳頭を破壊して脱毛するのです。レーザーを照射した直後は何の変化もないように見えますが、数日経つとダメージを受けた毛乳頭から毛が離れて、ポツポツと抜け落ちるようになります。

個人差はありますが早ければ3日後から抜け始め、2週間経つ頃までに収まります。抜け始めると次第にその量が増え、タオルで顔を拭いた時などごっそりと抜けます。もちろん、その前でも毛乳頭とのつながりは弱くなっているので、毛先を摘まんで引っ張ったら抜ける可能性もあります。ただし毛穴に刺激を与えて毛嚢炎になる恐れがあるため、あまりお勧めできません。

なお、いつまで経ってもヒゲが抜けない時は、いくつかの原因が考えられます。まずは出力が弱い場合です。多くのクリニックではレーザーに対する痛みや皮膚の反応を見るために、1回目は出力レベルを落として照射します。だいたい通常の半分くらいです。当然、効果もその分だけ弱くなってしまいます。

また、同じレーザー脱毛でも毛乳頭にダメージを与えない方式であればヒゲは抜けません。「蓄熱式」といって発毛因子を分泌する「バルジ領域」に熱を蓄えて破壊します。毛周期の退行期を迎えてヒゲが抜けても、発毛因子が分泌されないのでもう生えてきません。その時に初めて脱毛効果を実感できるようになるでしょう。

1回目はこのような流れで脱毛効果を実感できますが、まだまだヒゲ剃りは必要です。なぜなら表面に生えているムダ毛は全体の1~2割程度に過ぎず、効果があるのは毛周期の成長期にあるムダ毛だけだからです。たとえヒゲが抜けても、影響を受けなかった別のヒゲが新たに生えてくるので、すぐ元通りになってしまいます。

けれども脱毛は始まったばかりです。既に1割のヒゲにダメージを与えており、そこからは再び生えないでしょう。回数を重ねていけば次第に脱毛効果を実感できるようになるはずです。まだ諦めてはいけません。

ヒゲ脱毛回数別の経過2~10回​

ヒゲの毛周期に合わせて2ヶ月程度の間隔を空けたら2回目の施術です。まだヒゲの量が多いので、肌質や痛みの感じ方によっては前回と同じ出力で照射します。この時も1回目と同じく数日経つとヒゲがポツポツ抜け始めます。相変わらず毎日のヒゲ剃りは必要ですが、若干手間がかからなくなり量も少し減ったように感じます。

3回目になるとヒゲ剃り跡が目立たなくなったような気がします。それこそ脱毛が進んでいる証拠です。この時点でクリニックだと3割減っているので久しぶりに会った人はヒゲが減ったと気づいてくれるでしょう。ここまでは毛周期に合わせて施術を受けますが4回目あたりから少し間隔を空け、ある程度ムダ毛が生え揃ってきてから照射します。
サロンでも少し効果がみられるようになるでしょう。

ヒゲ脱毛で多くの人が効果を実感するのは4回目からです。ヒゲ剃りが楽になり回数も減ります。皮膚への負担が抑えられるので肌もきれいになったように感じるでしょう。この頃になると本来の出力で照射しても痛みを感じにくくなるはずです。

5回目は多くのクリニックでコースが完了する回数です。まだヒゲは生えますが、以前ほど濃さは感じさせません。ヒゲが薄い人なら、ここで満足できるでしょう。ただしヒゲが濃かったり、もっとツルツルを目指したりするのであれば、もっと回数が必要です。
サロンでは25~40%ほどの脱毛が完了しています。

6回目を迎える頃には最初の施術から1年くらい経っているはずです。1回目に比べるとかなり脱毛が進んでいると実感できるでしょう。毎日ヒゲを剃らなくても目立たないレベルです。

7回目あたりから脱毛の効果は微々たるものになっていきます。まだ根強く残っているヒゲが生え揃ってきたタイミングで照射する流れです。そのため間隔も4ヶ月空けるなど、さらに長くなります。
サロンでは継続して脱毛が必要です。

8回目になると理論上8割の脱毛が完了しているので、ヒゲ剃り跡の青みがほとんどなくなり、ヒゲ剃りも週1回で大丈夫なくらいになります。5~6回目でそれなりの効果を得られた人には劇的な変化を感じづらくなりますが、ツルツルを目指すためにも大切な一歩です。

9回目でヒゲの濃い人でも脱毛効果に満足できるようになるでしょう。産毛はまだ生え続けますが、見た目にはほとんど気にならないレベルです。まだレーザーを照射する時の痛みはありますが、最高出力にしても耐えられるでしょう。

そして10回目です。1回目から2年~2年半ほど経っているでしょう。ヒゲの薄い人ならツルツルの手触りを実感できるかもしれません。もちろん完全脱毛を目指したり、ヒゲの濃い人がツルツルになったりするなら、まだ回数は必要です。ただし費用を考えると、ここで一旦終了して数年後にヒゲが目立ってきた時に追加で照射しても良さそうです。
サロンではもう少し回数が必要です。15回~18回程度でほとんどの脱毛が完了しているでしょう。

この経過はあくまでも目安であって、脱毛効果の現れ方には個人差があります。どの程度の減毛を目指すかにもよりますが、最低でも5回できれば10回以上施術を受けるのが望ましいでしょう。

目次に戻る

ヒゲ脱毛後にヒゲが濃くなる原因とは?​

ヒゲ脱毛をした直後、一時的にヒゲが濃くなる場合があります。いわゆる「どろぼうひげ」のような状態です。せっかく脱毛しているのに、なぜヒゲが濃くなってしまうのでしょうか。

基本的に一度脱毛したヒゲは長期間効果が持続するので、再び生えてくることはありません。また休止期にある毛穴はレーザーを照射しても影響は受けません。だからヒゲが濃くなることはないはずです。唯一、「硬毛化」や「増毛化」により濃くなる恐れはあります。

硬毛化は産毛にレーザーを照射した時に起こりやすい現象です。増毛化は施術時にムダ毛のなかった毛穴から急に生えるため、増えたように見えます。どちらも「レーザーによって毛母細胞が刺激されるからではないか」と言われていますが、詳しい原因は分かっていません。

もっともヒゲ脱毛後にヒゲが濃くなるのは、それ以外の原因があります。前述のとおり、レーザーを照射すると毛乳頭が破壊され、既に生えているムダ毛が離れます。この時にヒゲが膨張するため普段より黒く見えてしまいます。

さらに毛乳頭から離れて外に出てきたヒゲは毛先が丸くて柔らかくなっており、カミソリがうまくキャッチできません。どうしても剃り残しができてしまいます。この2つの条件が重なると「どろぼうひげ」のように見えてしまうのです。

脱毛したヒゲが自然と抜け落ちるには3日から2週間ほどかかりますから、その期間が過ぎれば「どろぼうひげ」も解消されるでしょう。もちろん2回目以降も同様になってしまいますが、回数を重ねるごとにヒゲの量は減るので、そこまで気にならなくなるはずです。

どうしても気になる場合はマスクでカバーするのが簡単です。ファンデーションやコンシーラーで隠す方法もあり、男性用も販売されています。どろぼうひげになりそうなタイミングに合わせて外回りしないようにスケジュールを組んでもいいでしょう。毛抜きで強制的に抜くのは毛嚢炎など皮膚を傷める原因になるのでNGです。

誤った自己ケアはNG!地道に待つ必要性

ヒゲ脱毛をした後は皮膚に残った熱を取るためにクールダウンし、クリニックでは炎症を防ぐための塗り薬を処方します。これを決められた用法に従って塗り、十分な保湿もおこないます。シャワーは当日でも浴びられますが、メイクは翌日以降、入浴は2~3日後、運動や飲酒は1週間後など様々な制約があるはずです。

レーザーやフラッシュを照射した直後の肌は、熱によるダメージでバリア機能が衰え、周囲からの刺激に対して敏感になっています。毛穴自体もダメージを受けている状態です。そのため普段なら何の問題もない雑菌やホコリなどによって毛嚢炎などの炎症を起こしてしまいます。

けれども脱毛の回数が浅いうちは残っているヒゲの量が多いため、人前に出るならヒゲ剃りが必要です。そんな時は肌を刺激しないように電気シェーバーを使いましょう。無ければカミソリを使うしかありませんが、その時も毛の流れに逆らわないよう動かします。終わったらすぐに保湿です。

ただし前述のとおり脱毛から数日後のヒゲは柔らかくて剃りづらく、どうしても「どろぼうひげ」のように見えてしまいます。だからといって毛抜きで無理に抜いてしまうと、それが肌や毛穴への刺激となり、却って悪化させてしまいます。

毛抜きは毛根から抜けるので、使用後の肌がツルツルになり効果が長持ちするメリットがあります。一方で毛穴や毛包に強い力が加わるのがデメリットです。自らを守るために毛穴が硬くなってしまうと少し皮脂が過剰になっただけで詰まってしまい、ニキビなどのトラブルを引き起こしてしまうのです。

施術を受ける前の自己処理も毛抜きでおこなうと毛乳頭まで抜けてしまい、効果が無くなってしまいます。クリニックによっては施術を断るところもあるくらいです。せっかくのタイミングを逃してしまいます。そう考えると毛抜きは普段から使わない方が無難でしょう。

ヒゲ脱毛は、どうしても一人きりで対応しなければいけないため、思うように効果が現れないと不安で余計なことをしがちです。そんな時は経験者のブログを見ると参考になります。ブログによっては写真を掲載して経過を詳しく紹介しています。自分でも照射するたびに写真を撮っておくと、見比べた時に効果を実感できるでしょう。

目次に戻る

まとめ​

ヒゲ脱毛の効果は1回目からでも実感できます。照射してから数日経つとヒゲがポツポツ抜けてくるはずです。それまでは「どろぼうひげ」のように見えますが、ヒゲが一通り抜け落ちると解消されます。

それ以降の経過には個人差があり、ヒゲの薄い人なら5回、濃い人でも10回くらいで満足できるでしょう。サロンでは15回ほどです。そこに至るまでは不安になり相談相手もいないかもしれませんが、インターネット上には参考になる情報がたくさん溢れているのでチェックしてみると良いでしょう。