メンズに人気の陰部の脱毛。脱毛サロンでやる場合の疑問にお答え

メンズ脱毛の定番はヒゲ脱毛ですが、最近は陰部の脱毛を希望する人も増えてきています。 ただ部位が部位なだけに、陰部の脱毛は自分でやりたいという人も多いはず! ここでは自宅で陰部を脱毛することはできるのか、また脱毛サロンで脱毛するにあたって気になる疑問にお答えしていきます。

この記事は約6分で読み終わります。

恥ずかしい陰部周辺の脱毛…自宅での処理はダメなの?

メンズ向けの脱毛サロンで陰部周辺の脱毛をしたいと思っても、陰部周辺をスタッフに見せることになるので、それに抵抗があって自己処理で何とかしようと考える人は少なくありません。

とはいえ、陰部周辺の自己処理をすると肌トラブルを起こす危険性が高くなります。自宅での処理を避けた方がよい具体的な理由をみていきましょう。

毛穴が傷つき、毛嚢炎を引き起こすことがある

毛抜きやカミソリなどを使って脱毛すると毛穴が傷つきます。毛穴が傷んで弱くなると、毛穴の奥の毛包に雑菌が感染して毛嚢炎などのトラブルを引き起こすリスクがあります。

毛嚢炎にはニキビのようなブツブツが肌に現れるタイプのものと、炎症が強く現れるタイプの2種類があります。

毛抜きやクリームを使った脱毛によって毛根周辺が傷つくことで肌にブツブツが、肌がカミソリ負けすると肌に炎症がみられるようになります。いずれも毛嚢炎の症状です。

脱毛クリームの中には陰部周辺には使用できないものがある

市販の脱毛クリームを使って陰部周辺の毛を処理したいと思う人もいるかもしれません。

しかし市販の脱毛クリームは肌への負担が大きいので、デリケートな陰部周辺には使用できないものが少なくありません。

仮に使用することができたとしても、陰部のかぶれや炎症などのトラブルの原因となりますので使用を控えた方がよいでしょう。

目次に戻る

カミソリやハサミは、肌を傷つける可能性が高い

カミソリやハサミは値段が安く手に入りやすいというメリットがありますが、肌を傷つけてしまいやすいというデメリットがあります。

とくに皮膚が薄い陰部は傷つけやすいので、カミソリやハサミでの処理はリスクが高いといえるでしょう。

数日でちくちくし、かぶれることがある

カミソリなどで陰部のムダ毛を剃ると、毛先が尖ってしまうため数日後に毛が伸びてくるとちくちくしてきます。

陰部はデリケートなので、ちくちくした毛の刺激でかぶれることがあります。

きちんと脱毛をしたいのであればサロンがおすすめ

陰部を自己処理できれば恥ずかしい思いをすることはありませんが、上記に挙げたようなトラブルが起きる可能性が高いというデメリットがあります。

陰部のムダ毛をきちんと脱毛したいのであれば、脱毛サロンでのお手入れがおすすめです。

目次に戻る

メンズ脱毛サロンでの陰部周辺の施術に関するあれこれ

メンズ脱毛サロンで陰部周辺の施術を受ける前に知っておきたい疑問にお答えしていきたいと思います。

何回くらいで毛量を減らすことができる?

6回程度の施術を受けると毛量を減らすことが可能で、期間としては1年ほどかかります。

何回くらいしたら陰部周辺をつるっとさせられる?

16~18回程度の施術を受けると陰部周辺をつるっとさせることができ、期間は2年半~3年ほどです。

メンズ脱毛サロンでの施術はどのくらい痛い?

痛みに関してはレーザー脱毛やニードル脱毛と比べると我慢できる程度です。

1回の施術費用はどのくらいかかる?

プランや回数にもよりますがVIO(陰部周辺)脱毛の1回の施術費用はおおよそ2万~3万円、VIO脱毛が完了するまでにかかるトータルの費用は25万~30万円ほど。

クリニックと比較すると1回の施術費用はメンズ脱毛サロンのほうが安いです。

目次に戻る

メンズ脱毛サロンでも陰部の施術は女性なの?

メンズ脱毛サロンで陰部の脱毛をするにあたり、知っておきたいことのひとつが施術をするスタッフが女性なのか男性なのかということではないでしょうか?

女性スタッフが施術をするサロンもありますが、サロンによっては男性スタッフが対応するところもあります。

また他の部位は女性スタッフが施術するものの、陰部周辺のみ男性スタッフが対応するところもあります。

メンズ脱毛サロンによって異なるので、女性スタッフが施術するのかどうかと気になるのであれば、事前にサロンへ問い合わせされることをおすすめします。

メンズ脱毛サロンチェンジの場合は、カウンセリングの時から男性スタッフが対応してくれます。

目次に戻る

陰部脱毛の施術依頼の方法って?人気の陰部の毛の形

陰部脱毛をする際には、どんな形にしたいかを選ぶことができます。もしも毛を残さずにツルツルにしたい場合は、そのまま「ツルツルにしてください」と伝えます。

毛を残すことにする場合には、どんな形にするかを事前に考えておくようにしましょう。

主な形は6つほどあります。

自然な形

毛の形として一番スタンダードで人気があるタイプです。

ただ、へそ下や太ももの毛が濃い場合は、陰部周辺だけ脱毛すると全体的なバランスを見た時に変な感じになってしまうので、へそ下や太ももの脱毛も一緒に行なったほうがいい場合もあります。

長方形

陰部の毛を長方形型に整えます。長方形の幅は選ぶことができますが、人気なのは陰茎の幅と同じくらいの幅で整えるというものです。

最初から陰茎の幅に合わせて脱毛していくというよりは、陰茎の幅よりも広めの長方形から整えていって自分にあった幅を決めるというのが一般的です。

逆台形

自然な形に近いので、陰部脱毛をしたと気付かれたくない人に向いている形です。

整えている感じがあり、清潔感も出すことができますので人気の形のひとつとなっています。

扇形

陰茎を軸にして扇の形に毛を整えます。陰毛が横長に生えている人にとっては違和感がそれほどなく、自然な仕上がりになります。

ハートなどの個性的な形

ハートやV字など個性的な形に脱毛することもできます。

メンズ脱毛サロンによってできる形、できない形というものがありますが、まずは相談してみてください。

目次に戻る

メンズ脱毛中の気になる勃起事情

陰部周辺の脱毛をしている際に勃起してしまったり、少し反応してしまったりすることはよくある事象のようです。

実際に陰部脱毛に関するアンケートでは、脱毛時に勃起したことがあると答えた方が27%。少し反応したと答えた方が58%もいました。

8割以上のメンズが勃起または少しの反応をしてしまうということですが、これは生理現象のため自分ではなかなかどうしようもないところでもあります。

もちろん女性スタッフに施術してもらっているときに勃起してしまうと、「スタッフにどう思われているんだろうか」「恥ずかしくて顔を合わせられない」「次も勃起したらどうしよう」といろいろと考えてしまうと思います。

とはいえ、スタッフもプロなので気にする必要はありません。

施術中の勃起はよくあることとして受け入れてくれています。ですから、勃起しても生理現象なので仕方がないと割り切りましょう!

サロンによっては痛み軽減目的と反応を鈍くするため施術前に冷却してくれるところもあります。

そのようなサービスがない場合は、自分で保冷剤などを持っていって施術を受ける前に脱毛する部分を冷やしておくこともできるでしょう。

目次に戻る

まとめ

デリケートな陰部の脱毛は、自分でやるのは危険です。メンズ脱毛サロンで行なうようにしましょう。

サロンスタッフは女性スタッフの場合もありますが男性スタッフが担当するサロンもあります。

いずれにしても、スタッフは陰部の脱毛に慣れているので、手際よく施術をしてくれるはずです。

恥ずかしい気持ちは最初だけなので、思い切ってチャレンジしてみてください。