男性専用の脱毛サロンで勧誘されても断れる!

サロンで脱毛を受けるとき気になるのが「しつこい勧誘」です。女性向けのエステサロンでは、たびたび問題になります。男性専用の脱毛サロンでも無関係ではありません。どのように断ればいいのでしょうか。

この記事は約5分で読み終わります。

しつこい勧誘がない脱毛サロンを選ぶ基準

しつこい勧誘を受けないためには、良いサロンを選ぶのが大事です。良いサロンと悪いサロンの特徴を紹介し。ていきます。

安心できるサロンを見極めよう

サロンも商売ですから、カウンセリングで来店されたお客様には、どこでも多かれ少なかれ勧誘を行います。集客のためにも勧誘は欠かせません。けれども安心できるサロンは、最終的な決断をお客様にゆだねており、決して無理強いはしないという違いがあります。サイトに「無理な勧誘はしません」と明記しているサロンを判断基準にしてみるのもいいかもしれません。

また、カウンセリングも専門的な知識をわかりやすく、お客様の悩みに合わせた具体的なアドバイスをしてくれます。もちろん、質問にも快く答えてくれるでしょう。万が一のトラブルやデメリットについても詳しく説明してくれます。

料金も明確掲示されています。一括払いを強要するのではなく、都度払いという選択肢も用意されています。さらにコース途中の終了が可能だったり、効果が無かったときの返金保証があったりするところもあります。しっかり調べて見極めましょう。

脱毛は完了するまで何回も通いますから、信頼関係が構築されていなければ、最後まで身を任せられません。カウンセリングの中で、担当の人が自分に合っているのかどうかを見極めることも、安心できるサロンを見極めていくコツになるでしょう。

避けたほうがいいサロンとは

逆に避けたほうがいいサロンは、カウンセリング当日にコースの契約や商材の購入を熱心に勧めてくるところです。たとえカウンセリングで断れたとしても、通っている間に何度も勧めてくるでしょう。

そのようなところは往々にして勧誘の話が長く、何かと理由をつけて断れない方向に持っていこうとします。威圧的で脅迫的な説明をされたら避けるべきです。。

料金説明がわかりづらくて曖昧なところは注意が必要です。質問にもあまり答えてくれず、悩みも解消できないでしょう。これでは施術を受けても不安が残ります。そのようなサロンは、カウンセリングの時点できっぱりと断ったほうがいいでしょう。

最近はインターネット上でサロンの口コミや評価を簡単に調べられます。あまりにも勧誘がしつこそうなところは、どんなにサービスが魅力的でも、断る自信がない場合は最初からカウンセリングを受けないほうが無難です。サクラの可能性もあるので、すべての口コミを信用してしまうのはあまりおすすめしません。ある程度参考にしてみましょう。

目次へ

勧誘されたときの上手い回避方法

サロンでしつこい勧誘されてしまったとき、どのように断れば契約しないで済むのか、上手な断り方とNGな断り方を紹介していきます。

上手な断り方

まずは「契約しない」とはっきり断るのが大事です。ほとんどのサロンはそこで勧誘を止めてくれるでしょう。無駄に話を長くしないよう、早々に意思表示をして勧誘を断るのがお互いのためです。

もし理由を聞かれたら、他のサロンと比較してから決める、あるいは家に帰って考えたいと返せば、サロン側も引き下がってくれるはずです。未成年なら親に相談するという理由も通用します。

最近は悪評がインターネット上ですぐに広がる時代です。担当者の名前を聞いておけば、その危険を察知ししつこい勧誘をやめることもあります。さらに、消費者契約法(4条3項2号)や特定商取引法(44条)によって強引な勧誘は禁止されています。あまりにもしつこい勧誘を受けた際は、消費生活センターや消費者庁への通報をちらつかせたりすれば、リスクを冒してまで勧誘しようとはしないでしょう。

NGな断り方

勧誘されたときは、相手につけいる隙を与えるのが最も良くありません。おとなしかったり、気が弱そうだったり、優柔不断だったりすると格好のターゲットにされるでしょう。

相手は契約をとるために、ちょっとした言葉尻をとらえて勧誘します。少しでも興味があれば、その部位の脱毛やコースを勧めてきますし、お金がないといってもローンを推奨されるでしょう。

痛そうだという理由にしてもサロンではよくある理由なので対策をされているでしょう。逆にケア用品を勧めるきっかけを与えてしまいます。時間がないというのも、施術時間が短く、通う間隔も長い脱毛にはあまり通用しません。余計なことはいわないのが一番です。

どうしても断りきれず不本意に契約した場合は、「クーリングオフ制度」を利用して速やかに解除しましょう。これはお客様が一方的に契約を解除できる制度で、すべてのサロンに規定されています。ただし、以下を満たしていることが条件です。

・正しい契約書を交付してから8日間(契約日を1日目とする)以内である

・契約期間が1ヶ月超であり、かつ契約金額が5万円超である

・書面でクーリングオフを申し出ている(電話やメールは対象外)

もっとも、先述のような禁止行為によって勧誘された契約であれば、条件を問わず解除できます。

↓「CHANGE」公式LINE@はコチラ

↓「CHANGE」公式Instagramはコチラ
https://www.instagram.com/mens_change/

目次へ

まとめ

サロンでは勧誘がつきものです。それは男性向けの脱毛サロンでも同じです。安心できるサロンを選び、契約する意思が無ければ、きっぱりと断りましょう。万が一、断り切れなかった場合はクーリングオフ制度で解除できますし、そもそも強引な勧誘は禁止行為です。

大阪・東京の男性専用脱毛サロン「CHANGE」(http://mens-change.com/)は、強引な勧誘をしないと公式サイト上で明言しています。さらに都度払いを選べたり、コース中の終了が可能だったり、効果が無かったときの返金保証があったりするので、安心してカウンセリングを受けられるでしょう。