下半身の体毛が濃いのはなぜ?悩んでいるなら脱毛しよう!

ヒゲや髪は普通なのに、下半身だけ体毛が濃く悩んでいる男性は多いです。毛深い人は、女性にもあまり評判が良くありません。下半身のことなので、誰にも相談できずに一人で悩んでいませんか? この記事では、なぜ体毛が濃くなるのかを解説し、下半身の気になる部位の毛をご紹介します。解決方法も解説しますので、下半身の毛に悩みがある人は、前向きに実践してみてください。

この記事は約9分で読み終わります。

下半身の体毛が濃い2つの大きな理由とは

体毛が濃い原因には、先天性のものと後天性のものの2種類があります。それぞれを詳しく解説します。

先天性

先天性の原因は、遺伝です。両親が毛深い場合や祖父母が毛深かった場合は、遺伝する可能性が高いです。体毛は年齢とともに薄くなる傾向があるので、祖父母は濃くなかったと記憶していても、若いときは体毛の濃さで悩んでいたかもしれません。

体毛の遺伝は隔世遺伝するので、両親や近親者に体毛が濃い人がいなくても、祖先で毛深い人がいた場合は遺伝する可能性があります。

後天性

後天性の原因は、男性ホルモンの活性化が理由です。男性ホルモンには、テストステロンやアンドロステネジオンなどがありますが、これらは体毛の発生と育成を促す役割を担っています。

ホルモンバランスが崩れて、男性ホルモンが過剰分泌されると、体毛が濃くなる原因になるのです。

男性ホルモンのテストステロンは、性欲にも深く関係しており、性欲が強い男性ほど下半身の体毛が濃くなる傾向もあるといわれています。

性的な興奮は、男性ホルモンを活性化させます。性的に興奮を感じている間、男性ホルモン値が高い状態が維持されることがわかっているのです。

目次へ

下半身の体毛を薄くしよう

下半身の体毛は、陰毛のほかにも睾丸まわりの毛や肛門まわりの毛、お尻の毛など、種類があります。

これらの体毛は、女性には馴染みのないもの。女性には、違和感を持つ人が多いです。そのため、下半身の濃い体毛を目の当たりにすると、嫌悪感を示す女性も。

海外では、衛生面やエチケットの理由で、男性のほとんどが下半身の毛を脱毛しています。日本でも流行に敏感な男性や、海外によく行く機会のある男性は、下半身の毛を脱毛している人も。

下半身の体毛を薄くする方法は、大きく分けて3つ。それぞれ解説していきます。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが過剰分泌されると、体毛は濃くなります。男性ホルモンを抑えホルモンバランスを整えるには、ストレスを感じないように生活する工夫が必要です。

男性ホルモンは、ストレスを緩和させる役割があります。そのため、強いストレスを感じると、男性ホルモンをたくさん分泌してしまうことになるのです。

ストレス社会といわれる現代では、ストレスをすべて回避することは難しいかもしれませんが、上手くストレスを発散する方法を見つけるようにしましょう。ストレスを溜め続けると、男性ホルモンが過剰分泌され続けます。上手くストレスを回避したり、適度に発散させたりして、ストレスを溜めないことが重要です。

そして、筋トレのしすぎはNGです。体を鍛えることは健康のためにいいことですが、男性ホルモンの観点から見るとおすすめはできません。

もちろん、健康維持のために適度な運動は日常に取り入れるべきですが、筋トレや有酸素運動で、男性ホルモンのテストステロン値が高くなります。

テストステロンは、男性ホルモン中の約9割を占める成分です。体毛と深く関係している成分なので、体を鍛えすぎると自然と体毛も濃くなります。

性的興奮を控えることも効果的です。性的な興奮を控えると、男性ホルモンの過剰分泌を抑えることができます。とくにパートナーがいる人は、パートナーの理解を得ないと難しいかもしれませんが、行為の回数を減らすと体毛を薄くする効果があるようです。

紫外線対策をする

体毛の役割の一つに、皮膚の保護というものがあります。紫外線は、皮膚にとっては害のあるもの。そのため、紫外線を浴びると、皮膚を守ろうとして体毛を生やします。

過度に紫外線を浴びるとそれだけ刺激が多く伝わってしまい、体毛が体を守ろうと濃くなるように頑張ります。

とくに紫外線の多い夏場は、日焼け止めを塗ったり、なるべく肌の露出を控えたりして、紫外線対策に力を入れましょう。

間違った自己処理の回避

体毛は、皮膚が刺激を受けると、皮膚を守ろうとして濃くなります。そのため、皮膚に負担のかかる自己処理を続けると、どんどん濃くなってしまうのです。

カミソリでの自己処理は手軽におこなえますが、皮膚にダメージを与える確率が高い方法、とくに負担が大きくなる剃り方をご紹介します。

・から剃り

剃る部分にシェービングフォームやジェルなどを塗らず、皮膚が乾いた状態のままで剃ることです。

・逆剃り

毛の生えている方向と逆の方向から剃ることです。長い毛を逆剃りすると、毛が引っ張られてしまい、皮膚を傷つけてしまいます。

・何度も同じ場所を剃る

きれいに剃りたい気持ちが強く、何度も同じ部分にカミソリを滑らせてしまう行為です。カミソリを滑らせた回数だけ、皮膚にダメージを与えています。

・カミソリを押し付けて剃る

深剃りしたい一心で、力を入れて剃る人がいます。皮膚に強くカミソリを押し付けると、傷つける原因になるのです。

・長期間同じカミソリを使う

何回もカミソリを使うと、刃が傷んできて切れ味が落ちていきます。切れ味が落ちたカミソリで体毛を処理しようとすると、皮膚に大きなダメージが。カミソリは消耗品であることを覚えておいてください。

・カミソリを濡れたまま放置

自己処理後、お風呂場などに濡れたままのカミソリを放置すると刃が痛むほか、雑菌が繁殖してしまいます。雑菌が繁殖して傷んだ刃で体毛を剃ると、皮膚に大きなダメージを与えるのです。

カミソリの使用後は、必ずきれいな流水で洗い流してからしっかり乾燥させましょう。

・毎日剃る

体毛が濃い人は、剃ってもまたすぐに生えてきてしまいます。そのため毎日カミソリで剃る人がいますが、これでは皮膚の再生が間に合わず、皮膚の表面をどんどん削っている状態に。

最低でも3日は、間隔を開けるようにしてください。

目次へ

下半身の体毛は処理するべき!

体毛を薄くする方法をご紹介しましたが、この方法では時間もかかりますし、効果が出るのに個人差もあります。

ライフスタイルもそれぞれ違うことから、環境や体調によって効果に差が出てしまうことも。先天的に体毛が濃い、遺伝が原因の場合は、効果が出ないことも考えられます。

その点脱毛だと時間も早いですし、効果も目で見てすぐわかります。海外では、下半身の脱毛が主流であることから、流行に敏感な女性ウケがよくなることも。

ここでは、脱毛する方法をご紹介します。

抑毛剤を使う

抑毛剤は毛穴の奥にある毛乳頭に、女性ホルモンに似た働きをしてくれるイソフラボンを作用させて、体毛が生えてくるのを抑えるアイテムです。

クリームタイプやローションタイプ、ジェルタイプなど、さまざまなものが販売されています。

使い方は簡単で、体毛が気になる部分に塗るだけ。手間や時間がかからず、痛みもなく、皮膚への負担も少ないことがメリットです。抑毛剤の種類によって価格は違いますが、比較的費用がかからないこともメリットといえるでしょう。

しかし、抑毛剤を使いはじめてもすぐには効果がでません。効果が出るまで3ヶ月ほどかかります。また、個人差もあるので、絶対に抑毛効果が出るとは限りません。

毛の量が減るわけではないので、抑毛剤の使用をやめると元の状態に戻ってしまいます。

家庭用脱毛器を使う

家庭用脱毛器には、フラッシュ式とレーザー式があります。エステサロンやクリニックで使用されている脱毛器に比べると、熱量が少ないため効果は劣りますが、基本的な仕組みは同じです。

価格は3万円程度から12万円程度のものまで販売されています。誰にも知られることなく、自分の都合のいい時間に脱毛ができることがメリットです。

しかし、毛周期や発毛の仕組みなどの専門知識がないと、思うような効果は出にくく、熱量の調節も自分でおこなわなければならないため、皮膚がヤケドをおこすなどのトラブルも少なくありません。

ある程度の熱量までしか出ないため、体毛が太く量が多い場合だと効果が出ないという可能性もあります。

脱毛サロン

脱毛サロンは、専門知識をもったプロが出力の高い脱毛器を使って処理してくれるので、脱毛効果は抜群です。

個々の皮膚の状態に合わせた施術をおこなってくれるので、皮膚トラブルも少なくムラのない脱毛ができます。

また、毛量の調整も可能で、自分が希望する状態までもっていくことが可能です。例えば、ツルツルにしたければ毛がない状態に、毛量を少なくしたいだけなら、希望の毛量まで減らしてもらえます。

その反面、毛周期の関係で定期的に通う必要があり、忙しい人にとっては、通うのが面倒というデメリットも。サロンによっては、希望する日に予約が取れないこともあります。

施術が雑だったり、料金があやふやではじめに聞いていた料金よりも多く取られたりという悪質な脱毛サロンもあるため、脱毛サロンに通う際は、優良なサロン選びが重要です。

目次へ

下半身の体毛は脱毛サロンで!

自己処理ではどうしても皮膚に負担をかけてしまう恐れがあるほか、正しい方法で自己処理しようとすると、時間も手間もかかってしまいます。

また、剃り残しやケアのミス、家庭用脱毛器の照射ムラなどで、「きっちり脱毛できているか不安」という声も多くみられます。

脱毛は、プロの脱毛サロンに任せたほうが確実です。脱毛して毛深い悩みが解決しても、肌がボロボロになって、今度は肌がコンプレックスに……。なんてことになってしまっては、身も蓋もありません。

優良な脱毛サロンは、皮膚の状態を保ちながら確実に脱毛してもらえます。色素沈着や肌がボロボロになることを防ぎ、脱毛後もきれいな肌を保てるのです。

とくに皮膚の弱い人は、自己処理ができない人もいるので、サロンの施術に頼りましょう。料金が高いと思っている人も多いですが、リーズナブルなサロンもあります。サロンに通うだけなので、自己処理をするほど面倒なことはありません。

下半身の脱毛でおすすめできるサロンは、CHANGEです。業界一低価格で脱毛できるサロンとして知られています。

明確な料金体系なので、表示金額以外の出費は発生しませんし、脱毛効果が見られなかった場合は返金保証制度があるので安心です。

下半身の脱毛なので女性に対応されるのは嫌だという人がほとんどではないでしょうか。CHANGEはカウンセリングも施術も、男性が対応してくれます。

プライバシー保護も徹底されていますし、完全予約制で来店していることを他人に知られることがないので、恥ずかしい思いをすることなく通えます。

深夜23時まで営業しているので、仕事が忙しくても通いやすい点もおすすめできるポイントです。

スタッフは国際認定者と有資格者。さらに美容脱毛機器適合審査で認められた純国産脱毛器を使っているので、安全で高い効果を得られます。

別のサロンで効果が出なかった人も、一度CHANGEに行ってみてください。

目次へ

まとめ

なかなか他人には知られたくない、下半身の体毛事情。ずっと長い間、一人で悩んできた人も多いのではないでしょうか。

脱毛サロンに行くのは、はじめはちょっと勇気がいるかもしれませんが、脱毛のプロが悩みをしっかり解決してくれます。下半身の体毛を脱毛して、自信あふれる魅力的な男性を目指してください。