【剛毛でも!】男性のムダ毛!自宅での最適な脱毛・処理方法は?

ムダ毛は女性特有の悩みと捉えている人は多いですが、体毛が濃くて悩んでいる男性も少なくありません。剛毛だと毎日のヒゲ剃りで時間がかかってしまいます。薄着をするときに自宅で体毛を処理しているなら、脱毛も検討するといいでしょう。 ここでは、男性のムダ毛処理について解説していきます。

この記事は約7分で読み終わります。

男性の脱毛は自宅で出来るの?

自宅でこまめにムダ毛を処理するのはかなり大変。時間も手間もかかりますよね。であれば、サロンで脱毛をしてしまえば良さそうですが、こちらも高い費用と時間がかかります。

男性が脱毛することに対して、恥ずかしいと思っている人もいるでしょう。そのため、自宅で脱毛できるものなら、自宅で済ませたいと考えている人は多いです。

最近では男性用の家庭用脱毛器もあるため、自宅で脱毛しようとすればできます。男性が脱毛するのにおすすめの脱毛器はケノンやメンズ・レイボーテ、トリアなどです。

家庭用脱毛器を使い毛根にダメージを与えることで、ムダ毛が生えにくくなります。サロンで使用している脱毛器の効果が弱めのものと捉えておくといいでしょう。

ケノンはフラッシュ式の脱毛器で、フラッシュの強さを10段階で調整できます。1回で広範囲照射できるのも大きな特徴です。価格は69,800円ですが、ヒゲから胸毛や腹毛まで全身に使えます。

メンズ・レイボーテもフラッシュ式ですが、濃いヒゲの脱毛に使うことを想定している脱毛器です。ヒゲ以外の部位にはあまり向きませんが、ヒゲのデザイン脱毛にも使えます。価格は37,800円です。

フラッシュ式の脱毛器だと、2週間に1回くらいの頻度で使用した場合に効果を実感できるまで、半年から1年程度かかります。また、やや痛みを伴うのが難点です。

トリアはレーザー式の脱毛器で、フラッシュ式よりも強い効果が期待できます。ただ、その分だけ痛みも強めです。価格は54,800円ですが、3ヶ月から半年くらいの使用で効果が実感できるでしょう。

フラッシュ式もレーザー式も自己処理をしなくて済むようになるには、使い続けなければなりません。また、自分で手が届いて見える範囲内の部位にのみ使用できます。

除毛クリームや脱毛クリームを使った脱毛方法もあります。しかし、除毛クリームや脱毛クリームは毛根にダメージを与えるわけではありません。あくまで皮膚の表面に出ている体毛を除去するに止まります。処理した部位から体毛を生えにくくするような効果はなく、カミソリで剃るのと基本的に同じです。脱毛クリームそのものは1,000円から2,000円くらいで買えます。ものにもよりますが、1週間に1回程度使うと1ヶ月くらいで使い切るでしょう。

ブラジリアンワックスは、脱毛したい部位に塗ってシートを貼って剥がすことで、ムダ毛を除去する道具です。

脱毛クリームと同様に毛根にはダメージを与えていません。毛抜きなどでムダ毛を抜くのと基本的に同じ処理方法です。

天然の成分を使っているため、肌に優しいのが大きなメリット。基本的にどの部位にも使用できます。ブラジリアンワックスの値段は3,000円から5,000円くらいです。脱毛クリームよりも少しお金がかかります。

脱毛方法/項目 費用 効果が出るまでの期間 部位 痛み 処理の頻度
家庭用脱毛器(フラッシュ式
1回程度
高い 半年~1年 自分で見える部分のみ 痛い 2週間に
家庭用脱毛器(レーザー式) 高い 3ヶ月~半年 自分で見える部分のみ かなり痛い 2週間に1回程度
除毛クリーム・脱毛クリーム かなり安い すぐ 敏感な部位は使用不可 少し痛い 数日に1回程度
ブラジリアンワックス 安い すぐ ほとんどの部位で使用可 ほとんど痛くない 数日に1回程度

自宅で脱毛しようとした場合、どの方法でやっても永久脱毛は難しいです。家庭用脱毛器を使った場合も、一時的にムダ毛が生えてこなくなるものの、1、2年経過すると再び生えてきます。脱毛クリームやブラジリアンワックスは、短期的には安く済みますが、長い目で見ると高くつきます。

目次へ

自宅での永久脱毛は無理!サロンでの脱毛がおすすめ

体毛が濃くてヒゲやムダ毛をなんとかしたいなら、やはりサロンに行って施術を受けるのが一番でしょう。自宅でのケアには限界があります。

サロンで脱毛する場合には、家庭用脱毛器よりも強力な脱毛器を使用することが多いです。そのため、毛根に対して強いダメージを与えられます。

毛根そのものがなくなるわけではないため、数年経過するとまた生えてきてしまうこともありますが、永久脱毛に近い効果が得られるでしょう。

一般的な脱毛サロンでは、女性スタッフが対応にあたることが多いです。そのため、恥ずかしいと感じてしまい、脱毛したいと思いつつもサロンに行くのをためらう男性も少なくありません。男の人が脱毛をすることに対して偏見を持っている人もいるため、サロンに行っていることを人に知られるのは避けたいでしょう。

そこで、脱毛サロンの中には男性用を謳っているところもあります。男性用のサロンなら、対応にあたるのも男性のスタッフです。

他の利用者と顔を合わせなくて済むように配慮してくれるところもあり、他人に知られずに脱毛できます。

サロンの料金は脱毛が完了するくらいの標準的な回数をセットにしているコースを設けているところが多いです。

顔全体や上半身、下半身など、複数の部位をまとめたコースを設けているサロンもあります。自分が脱毛したい部位があるかどうかをチェックし、1回あたりの料金を比較して選びましょう。

規定の回数だけ施術を受けて、十分に脱毛できなかった場合の扱いも確認しておく必要があります。途中で止めたり変更したりできるかどうかのチェックをしておきましょう。

良心的なサロンなら、返金制度を設けていたり、規定の回数にプラスして施術を受けるときには料金が割安になることが多いです。

目次へ

お金がない!正しい剃毛方法は知っておこう

ヒゲが濃い男性の中には、ヒゲの脱毛まではしなくてもいいと考えている人も多いでしょう。毎日ヒゲを剃る手間が苦にならなければ、脱毛しなくても問題ありません。お金がなくて、サロンで脱毛するのは難しい人もいるでしょう。

自己処理する際には、正しいやり方で行うことが大事です。剃毛のやり方次第では、肌に負担をかけてしまうこともあります。

剃毛のやり方が間違っていると、肌が炎症を起こしてしまったり、傷が付いてしまったりすることも多いです。

カミソリでヒゲを剃るときには、シェービングクリームやジェルなどを塗って行いましょう。そのままカミソリを当てて剃ろうとすると、カミソリ負けして肌トラブルを起こしてしまう可能性が高いです。

滑りが悪いと肌を傷つけやすくなります。剃る方向も大事。ヒゲが生えている方向を確認してから、その方向に沿ってカミソリを当てます。

剃毛後は肌が敏感な状態になっているため、保湿ケアもきちんと行っておきましょう。最近では男性用の保湿クリームもドラッグストアなどでよく見かけます。1つ買っておくといいでしょう。

ヒゲ以外のムダ毛を処理するときにも、肌への負担を和らげるために、シェービングクリームやジェルを使用して行います。

最近では陰毛を処理する男性も増えてきていますが、陰毛のような長い毛の場合には、ハサミで軽く切ってからカミソリを当てるといいでしょう。

硬い毛の場合にはカミソリを当てる前に、蒸しタオルなどを使用して温めてから行うと肌への負担が小さく済みます。ヒゲを剃るときと同様に、処理後は保湿クリームを塗ってケアしておきましょう。

目次へ

まとめ

体毛が濃い人は男性でもサロンに行って脱毛をするのが望ましいです。男性スタッフが対応してくれるCHANGEであれば、安心して脱毛が受けられるでしょう。

家で処理しなくて済むようになるので楽になります。ムダ毛を自己処理するよりも脱毛した場合の方がトータルでかかる費用も安く済むことが多いです。