ヒゲ脱毛にはたくさんのメリットがある

ヒゲ脱毛にはたくさんのメリットがある

ヒゲ脱毛をしたいけれど、なかなか踏み切れない人も多いです。 ヒゲ脱毛をするとしないでは、どれほど違いがあるのでしょうか。 メリットから、ヒゲ脱毛をする理由や目的を考えてみましょう。

この記事は約10分で読み終わります。

ヒゲ脱毛の一番のメリットは見た目の印象

ヒゲ脱毛による大きな変化は見た目の変化です。
ヒゲがなくなることで見た目の印象が変わるほか、気持ちにも余裕が出てきます。

■青ヒゲがなくなる

ヒゲが濃い人や色白の人に多いのが、青ヒゲ問題。
カミソリや電動シェーバーで毎日剃っていても、毛根自体が肌に残っているので、透けてヒゲが青く見えてしまいます。

さらにヒゲ剃りたてのときは目立たなくても、時間がたつとヒゲが目立ってくることも少なくありません。
人によっては一日も経たないうちに青ヒゲ状態になってしまいます。

ヒゲ脱毛のメリットは、そんな青ヒゲに悩まされることがないこと。
特にすぐにヒゲが生えて青くなってしまう、もともとのヒゲが濃くて剃っても青い人にはヒゲ脱毛のメリットは大きいです。

■肌荒れがなくなり、肌がつるつるになる

ヒゲ脱毛をすることで、シェービングの機会が圧倒的に減っていくので、ヒゲ剃りによって肌を傷つけることもなくなります。

そうなるとこれまでシェービングで肌荒れしていた部分もきれいになって肌もつるつる。
ヒゲだけでなく、肌の状態も良くなり見た目に清潔感が出てきます。

■女子ウケや会社ウケがよくなる

ヒゲがあるのとないのとでは、清潔感が違います。
イケメンではないからと諦めていた人も、ヒゲがすっきりして爽やかな印象になることで、女子ウケが全く違うと感じることも珍しくありません。
ヒゲ脱毛でヒゲをスッキリ、クリーンにすれば日常生活ももっと楽しくなるでしょう。

また、女子ウケのためでなく、最近では就活のためにヒゲ脱毛をする人も増えてきました。
ビジネスの場でも清潔であることは重視されるためです。
仕事での印象を良くしたい人にもヒゲ脱毛のメリットは大きいです。

■自分に自信が持てる

自己満足のためにヒゲ脱毛をする人もいますが、ヒゲ脱毛をして清潔感がアップすることで、確実に周りからの目も変わってきます。
周囲の目が明らかに変われば、自分にもっと自信が持てるはずです。

さらに何回綺麗にシェービングしてもすぐに生えてくるなど、ヒゲに悩まされることがなくなるので、おしゃれを楽しむことにも前向きになれます。
見た目が変わることで周囲の反応が変わることもメリットですが、ヒゲ脱毛による大きな成果は、良い方向に自分の意識や心に変化をもたらしてくれることです。

目次に戻る

ヒゲ脱毛でヒゲ剃り時間節約のメリット

ヒゲ脱毛は、見た目が変わって清潔感がアップするメリットだけでなく、時間節約のメリットもあります。

■毎日5~10分のヒゲ剃りも毎日は苦痛

毎日のヒゲ剃りにかかる時間は普通の人で5分程度、ヒゲが濃い人は深剃りしないと一日を乗り切れないので10分程度が一般的です。
1日に5~10分程度ならと感じますが、実はこれを毎日続けるのは結構苦痛。

会社に出勤する前の朝にヒゲ剃りをする人が多いと思いますが、朝の貴重な時間をヒゲ剃りに持っていかれて、あと少しだけ家でゆっくりしたいという気持ちも叶いません。
朝、余裕を持って起きれば解決しますが、仮に寝坊してギリギリのときは悲惨です。

さらに、1日10分のヒゲ剃りも1年に換算すると10日もヒゲ剃りに費やしていることになります。
数字にするとかなりもったいないです。

■ヒゲ脱毛をすればヒゲ剃りの時間をカットできる

ヒゲ脱毛をすれば、まったくヒゲ剃りをしなくて良い訳ではありませんが、産毛のような毛が生えるだけなので、ヒゲ剃りの時間は大幅にカットできます。
気になる部分をサッと剃るだけなので、人によっては1分もかからないかもしれません。
朝ではなく、お風呂に入ったついでにサッとヒゲを剃ることも可能です。

またもともと毛が薄い人など、ヒゲの状況次第では毎日お手入れする必要もなくなります。

毎朝ヒゲ剃りをしなくなったことで浮いた朝の5~10分は、あったかい飲み物を飲むのにも、新聞を読むのにも有効活用できます。
なにもしなくても5~10分ゆっくりできる時間があれば、余裕を持って出勤することだって可能です。
より充実した朝の時間が過ごせるようになるでしょう。

■ヒゲのコンプレックスに悩む時間がなくなる

「なんでこんなにヒゲが青いのだろう」「毎日毎日剃らない方法はないだろうか」と、自分の顔を映した鏡の前でそんな悩みが突然噴き出した経験もあるのではないでしょうか。
ふとした瞬間にヒゲが気になってずっと頭から悩みとして消えないことはよくあることです。

ヒゲ脱毛をすれば回数を重ねるごとにヒゲが薄くなっていきますし、ヒゲのお手入れの時間もグッと短くなります。
ヒゲ脱毛が進むにつれて、ヒゲに対する思いが変わり、だんだんとコンプレックスも解消され、ヒゲについて悩む時間もなくなっていくはずです。

ヒゲについて悩む時間が減れば、その分浮いた時間はほかのことを考えたり、行動できたりします。
ヒゲが濃すぎるせいで周りの目が気になって外に出られない、眠れない日々とも決別できます。

目次に戻る

ヒゲ脱毛は長期間でみると節約のメリットが

時間的な節約だけでなく、実は費用面でもヒゲ脱毛の方が一般的なヒゲのケアと比べてメリットがあります。

■ヒゲ脱毛が高いのはウソ?

施術してもらうクリニックやサロンにもよりますが、ヒゲ脱毛の値段は20万円から30万円程度がひとむかし前の相場でした。
しかし、脱毛機器が広く普及したこともあり、10万円以下でヒゲ脱毛を受けられる場所も増えてきています。

ただし相場が下がったとはいえ、ヒゲ脱毛のために10万円も用意するのは正直もったいないと感じる人もいるのではないでしょうか。
毎日のヒゲ剃りの負担が軽くなるとはいえ、10万円を超えると尻込みしてしまいます。

ですがヒゲ脱毛にかかる10数万円は果たして本当に高い金額なのでしょうか。
実は将来的に考えると、決してヒゲ脱毛が高い訳ではありません。
むしろ、カミソリや電動シェーバーでヒゲを剃る方がかえって費用がかかることもあります。

■長期間でみるとヒゲ脱毛の方が節約になる

まずはカミソリを使った場合を考えてみましょう。
毎月1,000円かかったとすると1年で12,000円、10年後には12万円にもなります。

それでは電動シェーバーだとどうでしょうか。
5年に1回2万円の電動シェーバーを購入して、5,000円の替え刃を年に1回購入していたとしたら、10年後には9万円です。

使い方によって消耗のスピードが違うので一概にはいえませんが、ヒゲ脱毛が10万円だったとすると、10年も使えばカミソリの方が費用はかかってしまいます。

20年後、30年後をイメージすると違いはもっと顕著になるはずです。
ヒゲ脱毛で完全にヒゲの生えるスピードや量が減るだけでも消耗品の使用量は減るので、その部分を考慮しても、ヒゲ脱毛の方が長期的にはお得なことがわかります。

カミソリや電動シェーバーはヒゲ脱毛よりも手ごろだから、あまり費用がかからないと思ったら大間違い。
実はヒゲ脱毛をした方がお財布にも優しいのです。

目次に戻る

ヒゲ脱毛反対派の意見とは

ヒゲがコンプレックスの人にとってはメリットも多いでヒゲ脱毛ですが、ヒゲ脱毛に消極的な人もいます。
ヒゲ脱毛になぜ積極的になれないのか、反対派の考えるデメリットを確認してみましょう。

■脱毛には時間がかかる

ヒゲ脱毛は1回施術を受けてすぐに完了するものではありません。
施術の方法や個人のヒゲの状態にもよりますが、だいたい半年から、人によっては数年かかることもあります。

永久脱毛を考えているならなおさら時間がかかります。
時間がかかりすぎるからと途中で辞めてしまったらそれこそ時間の無駄です。

また1回の施術自体は15~30分程度で終わることが多いですが、自宅や勤務先からアクセスの良い場所を選ばないと施術に行くことすら億劫になってしまいます。
結局あまり生えなくなるのに時間がかかること、仕事の都合もありヒゲ脱毛を断念してしまう人は多いです。

■脱毛には費用もかかる

10年や20年のように長期的に考えると、カミソリや電動シェーバーを日常使いする方が費用はかかりますが、短期間で考えると脱毛の方がかかる費用は大きいです。

分割払いのシステムを取り入れているところであれば良いですが、場所によっては一括で払わなければならないこともあります。
10万前後の費用を一括で払うのは結構な痛手です。

分割払いを利用する場合であっても、だいたいは長くても3~5年のローンになります。
ローン払いにする間はカミソリや電動シェーバーを購入するよりも費用がかさんでしまいますし、ローンにすることで手数料も上乗せされます。

生活にあまり余裕がない場合やヒゲ脱毛の優先順位が低い場合は、短期的に10万円前後の費用がかかるヒゲ脱毛はデメリットです。

■ヒゲが元に戻らなくなる

ヒゲに悩んでいる人にとって、ヒゲが生えてこなくなるのは大きなメリットです。
しかし、長期的に考えると完全にメリットになるとはいえません。

ヒゲ脱毛をした当時はヒゲをコンプレックスに思っているはずなので、ヒゲが少しでも生えなくなればいいと考える人も多いです。
しかし、年をとるとある程度のヒゲをたくわえたいと心境に変化が現れることもあります。

ただ、一度ヒゲ脱毛でほとんど生えてこなくしてしまうと、ヒゲが生えないのでどうすることもできません。ヒゲを生やしたいと思ってもヒゲを生やせなくなるのです。

施術の段階で将来的なことを考えてある程度のヒゲを残すようにすれば解決できますが、将来ヒゲをどうしたいのかは本人であっても難しいところ。
将来的なことを考えると必要以上にヒゲがなくなりそうで、なかなかヒゲ脱毛に踏み出せない人もいます。

ヒゲ脱毛のメリットを引き出すためのダウンタイム

ヒゲ脱毛を成功させるにはダウンタイム中の行動も重要です。
メリットを引きだすための、ヒゲ脱毛ダウンタイム中のアフターケアについて考えてみましょう。

■ヒゲ脱毛のダウンタイム

ヒゲ脱毛を含め、脱毛には施術から回復するまでのダウンタイムがあります。
ダウンタイム中は肌がダメージを受けている状態で、普段以上に肌が傷つきやすいので注意が必要です。

たとえばレーザー脱毛の場合、一時的に肌がはれたり赤くなったりして2~3日ほどのダウンタイムがあります。

ダウンタイム中に肌に刺激になることをせず、アフターケアに積極的に取り組めば大きなトラブルもなく乗り切ることができますが、ダウンタイム中のケアを怠ると肌に問題が起こることも少なくありません。

ヒゲ脱毛の期間や短期間でかかる費用ももちろんデメリットになりますが、人によっては肌荒れや肌トラブルを引き起こし、デメリットに感じることもあります。

できるだけヒゲ脱毛による肌トラブルを避け、うまくヒゲ脱毛のメリットを引きだすには正しいアフターケアが欠かせません。

■ダウンタイムをトラブルなく過ごすためのアフターケア

アフターケアとは施術後のケアのこと。
ヒゲ脱毛の施術が終わったら5つの点に注意して正しいアフターケアをおこないましょう。

・脱毛部分を温めない
施術当日のアフターケアで気をつけたいのが患部への刺激です。
せっかくクリニックで冷却しても、帰宅後に脱毛部分を温めると炎症をおこすことがあります。
脱毛部分が温まるような入浴やサウナ、激しい運動は施術当日は避けましょう。

・日焼けしないように注意する
太陽光と一緒に浴びる紫外線は、肌に大きなダメージを与えてしまいます。
当日含めダウンタイム中はできるだけ太陽光を直接浴びない工夫が必要です。
外に出る機会が多い場合は、日焼け止めもうまく活用しましょう。

・無理にヒゲを剃らない
カミソリや電動シェーバーによるヒゲ剃り、ヒゲ抜きで肌は多少なりとも傷ついてしまいます。
ダウンタイム中は肌を傷つけないために、無理にヒゲを剃らない、抜かないことも大切です。
どうしてもヒゲが気になる場合は、刺激の少ない電動シェーバーにしましょう。

・施術を受けた箇所は清潔にする
ダウンタイム中は肌が敏感なので、清潔な水で洗うなど清潔な状態を保っておきましょう。
ただし、洗顔料を使ってゴシゴシとこするのは逆効果です。

・しっかり保湿する
洗顔後は、化粧水や乳液、または軟膏を使ってしっかり保湿まですると安心。
施術後に使用するものは、肌への刺激になるアルコールを含まないものを選びましょう。
清涼感のある成分も刺激が強いので避けたいです。

目次に戻る

まとめ

ヒゲ脱毛には、見た目のほか、毎日のヒゲ剃り時間の節約、長期的な費用の節約のメリットがあります。
ヒゲにコンプレックスがあるなら、ヒゲ脱毛を積極的に考えてみましょう。
ただしダウンタイムなどデメリットもあるので、対策をしっかり講じてから施術することをおすすめします。