ホクロと脱毛の関係、メンズサロン【CHANGE】がお教えします!

目次1 ほくろの毛を脱毛するのにサロンとクリニックで違いがある?1.1 メンズ【サロン】はホクロをよけて脱毛する1.2 メンズ【クリニック】は、ホクロの上からも脱毛可能です。2 ほくろの部位への脱毛は注意が必要2.1 ほ … 続きを読む ホクロと脱毛の関係、メンズサロン【CHANGE】がお教えします!

この記事は約6分で読み終わります。

ほくろの毛を脱毛するのにサロンとクリニックで違いがある?

光やレーザーを使う脱毛は、黒色に反応すると高熱を発します。その熱で毛根にダメージを与える仕組みです。では、サロンとクリニックでどのような違いがあるのでしょうか。

メンズ【サロン】はホクロをよけて脱毛する

サロンでは、脱毛にIPL(インテンス・パルス・ライト)という特殊な光を使います。黒色に反応して高熱を発するのはレーザーと同じですが、効果はずっとマイルドです。個人差はありますが、照射時は少し痛みを感じるくらいで済みます。エステティシャンでも扱えて、1回あたりの料金が安いところもメリットです。

この脱毛器はホクロにも反応するため、うっかり照射するとヤケドする恐れがあります。サロンは医療機関でないため、何かトラブルが発生しても治療はできません。そのため、施術にあたっては原則としてホクロを避けて光を照射します。脱毛を妨げないように白いシールで隠すのが一般的です。

メンズ【クリニック】は、ホクロの上からも脱毛可能です。

クリニックでは、脱毛にレーザーを使います。レーザーを発する媒質の違いによってアレキサンドライトやダイオード、YAGなどがあり、それぞれ届く深さが異なるのが特徴です。威力が強く、照射時に発する温度は200~250℃にも達します。そのため、医師法によって機器を扱えるのは医師に限られており、サロンでは扱えません。

ホクロに反応するのは光と同じですが、小さければそのまま施術を行います。なぜなら、これらのレーザーはホクロの除去にも使われているからです。レーザーを照射したときにメラニン色素が分裂してホクロが消えます。あるいは焼き切って、かさぶたと一緒に取れるといった具合です。

ただし、5mm以上の大きなニキビは、やはりシールで隠す場合があります。ホクロの手術においてもレーザーを照射するのではなく、メスで切り取って縫合するのが一般的です。

ほくろの部位への脱毛は注意が必要

ホクロに光やレーザーを照射するのは様々なリスクを伴います。自宅で脱毛するのも同じです。どのようなリスクがあるのか確認しましょう。

ほくろの部位への脱毛は注意が必要

ホクロは黒色をしているため、光やレーザーを照射すると高熱が発生してヤケドを起こすというのは先ほど紹介しました。医療行為ができないサロンでは白いシールで隠しますし、ホクロの治療と同じレーザーを使うクリニックでは、大きさによってそのまま照射したり、隠したりします。

脱毛においては、ムダ毛で高熱が発生すると、その熱は周囲の肌にも広がり、赤みや腫れなど炎症を起こす原因です。照射するそばからクールダウンして、熱が広がるのを防いでいます。

ホクロは大きさ次第で想定外の熱が発生するため、うっかり照射すると周囲の肌もヤケドするでしょう。サロンではしっかり隠しますが、クリニックでは対応が分かれるので、事前に相談したほうが良さそうです。

稀にホクロが欠けるという現象が発生する可能性があります。先ほど紹介したとおり、クリニックでは小さなホクロを焼き切って、かさぶたと一緒に取れるようにしますが、何らかの理由でかさぶたが完全に取れず、残ってしまうものです。その場合は、時間をおいて再度レーザーを照射することになるでしょう。

他にも「白斑化」になるリスクがあります。これは皮膚の一部が斑状に白くなる症状です。原因は特定されておらず、レーザーを照射したときの痛みがストレスとなって発症する恐れもあります。遺伝的要素があるため、近親者に発症者がいるなら要注意です。発症したら、これ以上悪化させないように脱毛は中断します。

いずれにしてもリスクがあるなら、どのように対応するのか、補償はしてくれるのか事前に確認しましょう。

ほくろの毛を自宅で脱毛する

自宅で脱毛するには様々な方法がありますが、ホクロの毛を脱毛するなら、いずれも多少のリスクを伴います。

例えば毛抜きで抜くのは毛穴に負担がかかり、痛いだけでなく毛嚢炎を起こしたり、毛穴が詰まりやすくなったりします。ホクロに刺激を与えると悪化する恐れもあるため、基本的にはNGです。ブラジリアンワックスも同様です。

除毛クリームはムダ毛のタンパク質を溶かして脱毛します。同時に皮膚のタンパク質も溶かしてしまい、これもホクロには良くないので、決められた使用時間は守りましょう。脱毛後はしっかりと保湿します。

家庭用脱毛器はサロンと同じ光を照射して脱毛します。サロンの光に比べると出力が抑えられているため、脱毛効果は小さく、薄くて小さいホクロには反応しないかもしれません。ただし、濃くて大きいホクロに照射するとヤケドするリスクはあります。自宅で脱毛すると自分の目で直に見られない部位が多いため注意が必要です。

CHANGEで脱毛


「CHANGE」は、大阪や東京に店舗を構える男性専用の脱毛サロンです。ホクロの悩みをはじめ、お客様の脱毛に関する不安を解消できるよう、スタッフ全員が全力でサポートしております。そんなCHANGEの取り組みを紹介しましょう。

CHANGEなら安心の施術

まずは「安心」です。CHANGEでは初回に有資格者による無料のカウンセリングを行っております。カウンセリング時の勧誘は一切ございません。さらに万が一、脱毛効果が見られなかった場合は、どの部位でも返金保証制度がございます。

脱毛に使う機器は国産の「シルキーライト」という機種です。日本エステティック工業会の美容脱毛機器適合審査に適合しており、万が一施術中にトラブルが発生しても「エステ、脱毛総合賠償保険」で補償されます。

次に「結果」です。シルキーライトは一度に広い範囲の照射が可能で、グラデーションパルスにより、どんな毛質にも対応できます。返金保証制度は脱毛効果の自信があってこそです。

そして「料金」です。CHANGEでは初めてのお客様を対象に様々なキャンペーンを行っております。今なら初回の施術は70%OFFになり、全コースが50%引きです(2018年11月現在)。

CHANGEのご来院時の流れ

初めてCHANGEにご来院いただくときは、事前に希望の日時をメールやお電話でご予約いただきます。

まずは無料のカウンセリングを受けていただき、お悩みやご要望をお話しください。脱毛の方法や効果、毛周期、料金、ご来院いただくペースなどについて丁寧にご説明いたします。

その後、無料のテスト脱毛で痛みや肌への負担をご確認いただき、問題が無ければそのまま1回目の施術を受けていただくことが可能です。初回来院時の施術をご希望の際は、必ず当日か前日に希望部位を毛剃りした状態でお越しください。

施術が終わると、アフターカウンセリングを受けていただき、脱毛を受けた感想や疑問、不安をヒアリングいたします。それで初回は終了です。以降は脱毛が完了するまで、毛周期による来店ペースに合わせて施術を受けていただきます。

CHANGEのスタッフは、同じ男性としてお客様の脱毛にまつわるお悩みを共有いたします。ぜひとも気軽にご相談ください。

まとめ

ホクロは脱毛の光やレーザーに反応するので、施術中は隠して当たらないようにするのが基本です。ただし、クリニックでは同じレーザーを使ってホクロを除去するため、そのまま施術を行う場合もあります。ホクロの大きさや状態によってはトラブルを起こすリスクがあるため、気になる点があれば事前に相談しましょう。