男の陰毛はどこで脱毛する?自宅?サロン?

近年、VIO脱毛が人気の脱毛部位として上位に上がるほど陰部の脱毛が高い関心を集めています。男性の脱毛を扱うサロンやクリニックでも陰部の脱毛を取り扱う店舗が増えてきました。陰毛の処理は、自己処理で行えるものなのでしょうか。脱毛事情を詳しく見てみましょう。

この記事は約10分で読み終わります。

今や常識!男も陰毛を脱毛するのがエチケット!

男性の間でも陰部の脱毛を行っている人が増えており、暑い時期に蒸れやすいアンダーヘアを気にしている男性も多いのではないでしょうか。

男性美容が盛んな海外では、アンダーヘアをツルツルの状態に保つ「ハイジーナ」をはじめ、陰部を脱毛するのが常識であり、大人の男のエチケットとも言われています。

近年、日本でも男性の脱毛意識が上がっており、陰毛の処理に抵抗をもたない人も多くなってきています。男性専用の脱毛サロンやクリニックが増え、メンズ脱毛やVIO脱毛という言葉が急速に広まったのも背景にあります。

さらに陰部の脱毛を行うことには、メリットがたくさんあります。下着のムレを軽減し、汗の臭いを防ぐ効果が期待出来ます。特に夏場の暑い時期は、ニオイやムレが気になる人も多いのではないでしょうか。

ムレによる不快感や肌の痒みを軽減したいという理由で脱毛を受ける男性もおり、実は陰毛自体に悩みを抱える男性も多いのです。

陰部を脱毛することで見た目にも清潔感が出てパートナーに好感を与えることが出来ます。陰毛を脱毛することは自分のためだけではなく、相手のためにも繋がっているのです。

しかし、デリケートな部分の脱毛は、人に見られたくないという恥ずかしさがありますよね。こっそりと自宅で出来る脱毛方法はないのでしょうか。

目次へ

男は自宅で陰毛を脱毛したい!サロンじゃダメなの?

いくらメリットがある脱毛のためとはいえ、男でも人に陰部を見られるのは恥ずかしいですよね。店舗での脱毛は、女性のスタッフが担当することも多く、気まずい思いをしながら通うのには抵抗があるという男性も多いのではないでしょうか。

陰部全体を脱毛するには、すべて丸出しの状態になる、変な体制で施術を行うかもしれないなどという不安になってしまうこともありますよね。

自宅で脱毛を行うことが出来れば、人目も気にならず楽な体制で気づいた時に脱毛を行うことが出来ます。また、脱毛にかかる費用も少なくてすむ可能性もあります。

陰部の毛は、引き抜くだけでも涙が出る程痛いデリケートな部分です。自分でお手入れを行う場合は、痛みを加減しやすく、少なくて済ませられる場合もあります。脱毛に何度も通うのは面倒、手間をかけずに済ませたいという場合は、自宅で出来る自己処理で脱毛ケアを試してみましょう。

目次へ

男が自宅で陰毛を脱毛できる7つの方法

自分で陰毛の処理を行う時は、見えづらい部分も出てきますよね。自宅で陰毛の脱毛を行う時は、人目も気にならないのでしっかりとムダ毛を確認できるポーズをとりながら皮膚や粘膜部分を傷つけないように慎重に進めていきましょう。

特に剃りにくいIライン(陰茎周り)、Oライン(肛門周り)の自己処理におすすめのポーズをご紹介します。

・Iライン(陰茎周り)

自立型の鏡を使って、その鏡に陰部全体が映るようにポーズをとります。じっくり座るタイプと立ちながら覗き込むタイプの2種類をご紹介します。自己処理を行いやすい体勢を選んでみてくださいね。

じっくり座るタイプは、まず自立型の鏡を地面に置いて、その前に陰部が映るように胡坐をかきます。陰部の位置と鏡の位置が合ったら、膝を立てて鏡に対してM字になるように体制を整えると内もも側まで見やすくなります。

陰茎の影になって隠れる部分は、片手で持ち上げながら確認して慎重に処理を進めましょう。

次に、片足立ちで覗き込むタイプをご紹介します。自立型の鏡と椅子を用意します。椅子に片足を乗せて陰部を覗きこむような体制で処理を行います。細かい部分が覗き込みにくい時は、椅子部分に鏡を置いて気になる部分を映しながら行うのもおすすめです。

座るタイプより体制が辛いと感じやすいので予め処理範囲を決めておくとスムーズに行いやすいでしょう。

・Oライン(肛門周り)

O ラインもIライン同様、2タイプの姿勢をとることが出来ます。粘膜に非常に近い部分なので自分が楽と感じる体制を選んで処理を進めていきましょう。

1つは、Iライン同様、自立型の鏡を地面に置いて鏡の前でM字に脚を開きます。体制をやや後ろに倒すと肛門付近が見えやすい状態になります。処理する際は、片手で少し肛門を開くように周りの皮膚をひっぱると処理がしやすくなりますよ。

もう1つの体勢は、床に鏡を水平に置き、鏡の上にしゃがむようにして陰部全体を映す方法です。足を広めに開いて和式トイレを使用するような体制になると鏡に肛門が映りやすくなります。この場合も処理する時は、片手で肛門周りを開くように皮膚を引っ張ると行いやすくなります。

陰毛を処理する体制をとる前に自己処理の方法を決めることも大切です。今度は、身近なムダ毛処理方法で陰毛の処理を行う時のメリット・デメリット、処理にかかるおおまかな費用をご紹介します。

・カミソリ

コンビニやスーパーで200円~300円くらいで購入出来るため一番かかるコストも少なく身近な方法ですよね。1度は試してみたことがあるという人も多いのではないでしょうか。カミソリでの除毛は、肛門周りの場合粘膜に大変近いので出来るだけ控えましょう。

陰部は、柔らかくハリの少ない皮膚のためカミソリの刃が引っかかってしまう可能性があります。I・Oラインは、傷になると雑菌が繁殖しやすいのでカミソリを使用する場合は、下着のラインに近いVゾーンを行うのがおすすめです。

また、処理後の毛先が尖ってしまうため伸び途中の毛がチクチクと周りの肌を刺激し、痒みを感じることもあります。陰部を掻きむしってしまうと肌荒れを招き、メラニン色素が活性化して黒ずみの原因になるリスクもあります。

・シェーバー

シェーバーというと髭剃り用のT字タイプを思い浮かべる人も多いと思いますが、陰毛の処理に使用するタイプは、I字型の電気シェーバーがおすすめです。カミソリよりも安全に剃ることができ、細かいところまできれいに剃ることが出来ます。

電気シェーバーは、家電量販店やネットで2,000円~3,000円程で購入することが可能です。広範囲が処理しやすいシェーバーですが、毛の生成を促す毛根部分が残ってしまうため新しい毛が生えてくるスピードは早いです。

1週間程度で元に近い量が生えてしまう場合もあるので頻繁な処理が必要となり、面倒に感じる人が多い方法です。また、処理した毛先が尖ってしまうため毛が成長するとともに周りの肌を刺激し、チクチクした違和感が気になるというデメリットもあります。

・はさみ

広範囲のVラインや長い毛が気になる時の処理に適しています。通常のはさみでは、刃先が長く皮膚を傷つけてしまう可能性も高くなります。

陰毛をカットし整えたい時は、毛先を丸い眉毛用のはさみを使うのがおすすめです。毛量を減らしたい時は、小さい形のスキ鋏を使うのも良いでしょう。眉用のはさみやスキ鋏は、100円ショップでも購入出来るため、コストもかからず手軽ですよね。

はさみは、毛量や形を整えるのには適していますが、除毛自体は出来ないためあまり短くすると硬い毛質の陰毛は、下着からツンツンはみ出てしまう可能性があります。カミソリやシェーバーと併用するときれいな仕上がりのアンダーヘアを目指すことが出来ますよ。

・毛抜き

1本1本手作業でムダ毛処理をする毛抜きは、デリケートな陰部には向いていません。無理やり毛穴から毛を引き抜くので腕や脚の脱毛としてもかなりの痛みが伴う方法です。

陰毛をジッパーに挟んでしまい、無理やり抜いてしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。あの強い痛みが、陰部の広範囲に起こるのであまり試したくはないですよね。毛抜きは、毛根から引き抜くため自己処理の中でも効果が長続きしやすいというメリットがあります。

一方で、毛根から毛が成長途中に皮膚に埋まってしまう「埋没毛」(まいぼつもう)という肌トラブルが起こる可能性もあります。埋没毛は、皮膚から無理やり毛を出すと出血する場合もあるので毛抜きを使う場合は注意が必要です。

・除毛クリーム

除毛クリームは、毛を溶かす化学成分を配合しているため処理時の痛みがなく、男性の自己処理方法でも人気があります。塗布後もクリームと毛を一緒にふき取るだけなのでとても簡単な方法ですね。ドラックストアでは、700円前後から購入することが出来ます。

便利な除毛方法ですが、陰毛の自己処理で使用する際は、細心の注意が必要です。毛を溶かす化学成分はタンパク質を溶かす働きがあるため毛だけでなく、肌のタンパク質も溶かしてしまい粘膜に付くとかなりの痛みを感じてしまうケースもあります。

女性と違い男性の陰部は、陰茎や睾丸など凹凸が多く、クリームが付着する可能性が高いためI・O部分への使用を控えましょう。Vラインに使用する時は、塗布時と拭き取り時に他の部分についてしまわないように注意することが大切です。

・ブラジリアンワックス

粘度の高いワックスを気になる部分に付け、一気に根元から剥がすことで毛根から引き抜く自己処理方法です。海外では、男でもVIOゾーンをブラジリアンワックスでケアする人が多く、一般的な方法として広まっています。

日本でもホームケア用品として市販され始め、ネットでは3,000円前後で購入することも可能です。見た目がきれいに仕上がり、毛根から除去することでツルツルな状態を保ちやすい自己処理方法ですが、慣れるまで使いづらいというデメリットがあります。

さらに、使用時に毛が長いと周囲の皮膚を強く引っ張り、剥がした時に痛みが増してしまいます。コツがいるブラジリアンワックスを試してみたいと思った時は、自己処理から始めずに専門店にてプロの手によるケアを受けてからでも良いのではないでしょうか。

・家庭用脱毛器

サロンの光脱毛やクリニックの医療レーザー脱毛の原理を利用した毛の生成を抑制する効果が期待出来る美容家電です。サロンと同じように事前に除毛処理を行ってから脱毛機器を肌に当てていきます。

どのメーカーも推奨している脱毛範囲はVラインまでとされており、I・Oラインに関しては自己責任という形になっています。家庭用脱毛器は、メラニン色素に反応する光やレーザーを使用しているため色素が濃いI・Oラインは火傷を負うリスクがあると言われています。

さらに家庭用脱毛器は、事前シェービングや光照射前の肌の冷却、照射後の保湿ケアなど自己処理方法の中でも一番手間がかかります。

また、家庭用脱毛器だけで30,000~70,000円前後かかるため陰毛脱毛のためだけに家庭用脱毛器を揃えるのは、コスパが悪いですよね。また家庭用脱毛器の使用を辞めてしまうと脱毛効果がなくなり、元の状態に戻ってしまいます。

目次へ

陰毛の脱毛は自宅よりサロンで!男でも恥ずかしくない?

陰毛をきれいに脱毛し、かつ頻繁な処理を繰り返さないための方法は、自宅での脱毛ケアでは難しいですね。粘膜に近く、痛みにデリケートなVIO部分は、自己処理ではリスクが大きい脱毛部位と言えます。

サロンで陰毛を脱毛する時は、女性スタッフの前で陰部をさらけ出すような気まずい中で脱毛が行われるのでしょうか。

メンズ専門脱毛「CHANGE」では、VIO部分のようなデリケートな部分は、男性スタッフが施術を行ってくれるので女性に陰部を見られる心配もありません。

近年では、サロンやクリニックで施術を行う男性スタッフも増えており、男専門の脱毛サロンでは男性スタッフのみが対応している店舗もあります。

また、VIOゾーンの脱毛は、施術時に専用の下着に着替えて施術を行う場合やバスタオルで隠しながら行うため陰部を丸出しのまま脱毛を行うことはありません。

最初は、恥ずかしさを感じていても2~3回通うことで慣れてしまったという人がほとんどなので通常の脱毛と同じ感覚で過ごすことが出来ます。

また、店舗で脱毛を受けると家庭用脱毛機器を購入して自己処理を行うよりも安く費用を抑えられる場合もあります。陰毛をしっかりと脱毛ケアしたい場合は、サロンやクリニックの脱毛を検討してみるのもおすすめです。

自己処理では難しい陰毛の減毛や抑毛は、サロンでの処理がいちばん肌への負担が少なく、施術時の痛みも少ないため行いやすいと言えます。

目次へ

まとめ

陰毛の脱毛は、デリケートな部分なだけに処理方法に悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。自宅での自己処理は、人に見られる心配がありませんが、凹凸部分が多く皮膚が柔らかいVIO部分をきれいに処理するのはどの方法も大変難しいですよね。

店舗での脱毛は、陰部を人に見られるという恥ずかしさはありますが、慣れてしまえば処理を行う手間がなくなり、快適に過ごすことが出来ます。暑い時期の陰部のムレや臭いを気にすることがない快適生活を陰毛の脱毛で手に入れませんか。