太股の毛が濃い男性は印象が悪い?どんな対処法がおすすめ?

体質的に体毛が濃い人は、太股のあたりにもぎっしりと毛が生えているでしょう。太股は普段なら衣服の下に隠れていますが、それでも何かと困ることが多いです。太股の毛が濃いことをコンプレックスに感じている人もいるでしょう。では、どんなときに困ってしまうのか、どんな対処法をとればいいのか解説していきます。

この記事は約6分で読み終わります。

太股の毛が濃い人の悩みや原因とは

太股の毛が濃い人の悩みとはどういったものなのでしょうか?

合わせて読みたい記事

俺がお前のためにメンズ脱毛すべて解説するからここを見ろ

プールや海で目立つ

太股の毛が濃い人が悩むのは主に夏場の季節です。夏になると薄着をするようになり、プライベートならショートパンツなどを穿く機会も増えるでしょう。体毛が濃い人は少し目立ってしまいます。ただ、すね毛くらいであれば男性なら誰でも生えているため、さほど気にならない人が多いです。

しかし、プールや海などに遊びに行くと、太股も見えてしまうでしょう。太股の毛はほとんど生えていない人もいれば、濃い人もいるため、濃いとかなり目立ってしまいます。太股の毛が濃いことで、海やプールに行くのをためらってしまう男性もいるかもしれません。

女性の目から見ても、太股の毛が濃い男性に対して好印象を持つ女性は、どちらかと言えば少数派です。太股にほとんど毛が生えていない男性の方が女性に好まれる傾向にあります。不潔っぽく見られてしまうこともあるかもしれません。夏に出会いを求めて彼女を作ろうとしている人にとって、太股の毛が濃いことは大きなネックになるでしょう。

太股の毛が濃いと、サウナや温泉など男性だけの場所に行くのもためらってしまう人は多いです。周りの人と比べて自分が太股の毛が濃いと、恥ずかしいと感じたり、コンプレックスに思ってしまったりするでしょう。

多毛症の可能性

太股の毛が多いだけでなく、太くて固いようであれば、多毛症の可能性も疑ってみましょう。多毛症は、ホルモンバランスの変化などにより、体毛に変化が生じてしまう病気です。体毛以外にも、ニキビが増えるなどの変化が顕れることがあります。どちらかと言えば、女性に多く見られるのが特徴です。女性だと月経不順を起こしてしまう人もいます。

また、多毛症になると単に体毛が濃くなるだけでなく、軟毛が太くなるという現象がよく見られます。男性の場合にも、思い当たる節があればクリニックなどで診てもらうといいでしょう。

目次へ

太股の毛が濃い人の対処法!

太股の毛をなくしたいと考えている人に朗報の対処法をあげていきます。

剃刀で剃る

太股の毛を処理するのに、もっとも手軽にできる方法は剃刀で剃ることです。男性なら、ヒゲを剃るためにT字剃刀を使っている人も多いでしょう。電気シェーバーだけ使ってヒゲを剃っている人でも、ドラッグストアやコンビニなどで簡単にT字剃刀が手に入ります。値段も安く、普段使っていない人にとっても扱いはそう難しくはありません。

ただし、剃刀で太股の毛を剃って綺麗になったとしても、綺麗な状態を保てるのはごく短い間だけです。またすぐに生えてきてしまいます。太股の毛が濃いことで悩んでいるくらいであれば、毎日剃る必要があるでしょう。けっこうな手間になります。

また、剃り残しができてしまうことも多いです。特に太股の内側にも濃い毛が生えている人なら、内側は剃りにくいでしょう。一部分だけ濃い毛が残ってしまうと、余計に目立ってしまいます。内側は見えにくいため、無理に完璧に剃ろうとすると誤って肌を切ってしまうことも多いです。

毎日剃っていると、剃るのに慣れてきて、時間もあまりかけず肌を切ることもなく、剃れるようになります。しかし、毎日太股の肌に剃刀をあてることで、肌荒れを起こして肌が荒れてしまう人も多いです。そのため、剃刀で剃るのはあまりおすすめできません。

脱毛クリームを使う

脱毛クリームを使えば、薬品で体毛を溶かすことができます。主にドラッグストアなどで購入できるため、太股の毛が濃くて悩んでいる人はぜひ使ってみるといいでしょう。脱毛クリームを使う方法なら、剃刀のようなデメリットはほとんどありません。

パッケージなどに書いてある説明を読んでから、脱毛クリームを太股の濃い毛がたくさん生えている箇所に塗りましょう。一定時間経過すると、体毛が溶かされてごっそりと抜けてきます。具体的な放置時間は、物によって違うためパッケージや説明書の記載に従いましょう。

ただし、脱毛クリームは人によってあまり効果が顕れず、十分に体毛を溶かせないこともあります。また、中には肌が荒れてしまう人もいるため、全くデメリットがないわけではありません。

溶かせるのは肌の表面に出ている部分だけであるため、日数が経過すると再び生えてくる点もデメリットのうちの1つです。剃刀での処理と同様に、定期的に行う必要があります。

それでも、剃刀で処理したのち違ってチクチクせず、肌への負担もあまり大きくありません。自宅でできる処理方法の中ではおすすめできる方法です。

化粧水を使う

化粧水は主に女性がスキンケアのために使用するものですが、抑毛効果のある成分が配合されているものもあります。体毛の成長が抑えられているため、男性でも太股に塗れば体毛を薄くするのに役立つでしょう。保湿ケアなども同時に行える点も抑毛成分入の化粧水のメリットで、肌に優しいです。

また、抑毛ローションでも同じような効果が期待できます。ドラッグストアなどで購入する場合には、男性なら化粧水よりも抑毛ローションの方が買いやすいでしょう。どちらも実店舗で購入しづらいと感じる人は、通販での購入がおすすめです。

ただし、抑毛成分入の化粧水も抑毛ローションもすぐに効果が顕れるわけではありません。効果が顕れるまで時間がかかることが多いです。あまり目に見える効果が確認できなくても、根気強く続けていく必要があります。効果に個人差もあるため、根気強く続けても、期待していたような効果が得られないこともあるでしょう。

脱毛をする

太股の毛が濃いことで本当に悩んでいるのであれば、脱毛サロンなどで脱毛することをおすすめします。費用はかかりますが、ほぼ確実に太股の毛をなくすことができます。いったん脱毛してしまえば、もう同じ箇所から毛が生えてくることはありません。繰り返し処理をする必要がないという点が大きなメリットです。剃刀で剃るのとは異なり、チクチクすることもなければ、肌に負担をかけることもなくなります。これから先は、太股の濃い毛を気にせずに生きていけるようになるのです。

脱毛の施術は、同じ箇所に対して数回程度受ける必要があります。施術を受けてから次の施術まで期間を空けなければならないため、脱毛が完了するまで数ヶ月から1年程度かかるのが一般的です。人によって必要な回数にやや差があるため、長い人だと1年以上かかることもあるかもしれません。

ただし、脱毛が完了する前の段階でも、施術回数を重ねるごとに、どんどん毛が薄くなっていきます。1回施術を受けただけでも、少し毛が減るためすぐに効果を実感できる点も大きなメリットです。

脱毛は女性がやるものというイメージが強く、脱毛サロンに行きたくても腰が上がらないと感じている人もいるでしょう。そのような人のために、男性専用のメンズ脱毛サロンもあります。特にCHANGEがおすすめです。

初めての人は初回のみ70パーセントオフの料金で利用できるキャンペーンを実施しています。無料相談も実施しており、相談後に利用するかどうか決めて大丈夫です。太股の毛が濃くて悩んでいる人は、ぜひCHANGEに足を運んでみましょう。23時まで営業しているため、毎日残業で忙しい人でも仕事帰りに寄っていけます。

目次へ

まとめ

太股の毛が濃いと不潔なイメージや気持ち悪いイメージを抱かれることが多く、あまり良いことがありません。剃刀や除毛クリームなどで自己処理することもできますが、繰り返し行うのが面倒で、肌にも負担がかかります。濃い体毛に悩んでいるのであれば、男性でも脱毛を検討してみましょう。